日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 佐藤二朗の初主演ドラマの秘話

黒歴史じゃない!? 佐藤二朗の初主演ドラマが合格点なのにシリーズ化されなかったワケ

文=日刊サイゾー

佐藤二朗オフィシャルサイトより

 あのとき、ここまでの大ブレイクを予想した人はどれほどいただろうか。

 放送が無期限延期となっていた佐藤二朗主演ドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部~泣き虫先生が僕らに教えてくれたこと~』(中京テレビ)の放送が決定した。

「同ドラマは、愛知県小牧市にある工業高校のマーチングバンド部の誕生秘話をベースにしたオリジナル作品。中京テレビ開局50周年記念ドラマとして昨年12月に放送予定でしたが、放送直前にモデルとなった高校で男性教諭が自殺した事件があり、放送延期となっていました。4月4日に放送が決まったことで、佐藤はツイッターで『亡くなった先生への供養と、あの、真っ直ぐな目をした生徒達へのささやかなエールになれば、これ以上の喜びはない』と思いを綴っています」(テレビ誌ライター)

 個性的なバイプレイヤーとして人気を博した佐藤は、今や映画やドラマ、CMと出ずっぱり。最近は『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』(フジテレビ系)でMCを務め、4月からは7年ぶりの主演連ドラ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)がスタートするなど、メインを張るようにもなってきている。

 そんな佐藤がドラマで初主演を飾ったのは2013年の『めしばな刑事タチバナ』(テレビ東京系)だった。

12

黒歴史じゃない!? 佐藤二朗の初主演ドラマが合格点なのにシリーズ化されなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真