日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 佐々木琴子、塩対応のまま卒業

美貌だけならセンター級なのに!? 乃木坂46・佐々木琴子、“塩対応”のままグループ卒業の衝撃

文=日刊サイゾー

乃木坂46公式サイトより

 乃木坂46の佐々木琴子が、3月いっぱいでグループを卒業する。

 佐々木は埼玉県出身の21歳。2013年に2期生オーディションに合格し、グループに加入。2015年の「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」で、研究生から正規メンバーに昇格した。美形ぞろいの乃木坂にあってとりわけビジュアルに優れ、坂道シリーズのメンバーらがレギュラー出演するラジオ番組『レコメン!』(文化放送)内の企画「女性アイドル顔だけ総選挙2019」では、1位の白石麻衣に次いで2位にランクインしたこともある。だが、それとは裏腹に選抜メンバーの経験が一度もなかった。

「佐々木はコミュニケーション能力に問題があるというか、握手会などファンへの接し方が、とにかく“塩対応”なんです。やはり塩対応で知られたAKB48時代のぱるること島崎遥香の上をいくと、もっぱらの評判でした。ファンと握手はするものの、何を話しかけられてもぎこちない笑みを浮かべて無言でスルーするなど、あまりの塩対応に、ファンはトラウマになるそうですよ(笑)。選抜されるか否かは握手会人気に左右されるだけに、佐々木ほどの美形であっても選抜入りは難しかったのでしょう。素材的には、選抜入りどころか、センターを張ってもおかしくないのですが……」(アイドル誌編集者)

 佐々木は塩対応のみならず、冠番組などでも発言することが少なく、ライブなどのイベントも欠席しがち。グループのデビュー記念日を祝う恒例のライブ「8th YEAR BIRTHDAY LIVE」も、2月21~24日の全4公演を欠席。最後に彼女の姿を一目見たいと願うファンに衝撃を与えている。そんな佐々木には「無気力」との批判も一部にはあった。

12

美貌だけならセンター級なのに!? 乃木坂46・佐々木琴子、“塩対応”のままグループ卒業の衝撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真