日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 長瀬智也の退所を木村拓哉が引き留める?
【wezzy】

長瀬智也のTOKIO脱退・退所を引き止める余裕が木村拓哉にあるのか?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 TOKIO・長瀬智也がジャニーズ事務所を去る日も近いと噂される中、一部では事務所側の“引き止め工作”が発動しているとの報道もあった。長瀬の意思は今どこにあるのか。

 『ザ!鉄腕!! DASH!!』(日本テレビ系)の企画「DASHカレー」がついに完成し、今月29日の放送で完結する。退所準備の現実味が帯びてきたが、長瀬本人は「週刊文春」2020年3月5日号(文藝春秋)の直撃に<ちょっと今、俺には答えられないから、ごめんね>と言葉を濁していた。

 もちろんジャニーズ事務所側としては、人気も知名度もある長瀬を手放したくはない。SMAPは解散し、嵐も活動休止を控えている。そこで投入されたのが、長瀬と公私に渡り親しいという木村拓哉だという。木村はSMAPの移籍か解散かという局面で、事務所に残る選択をした先輩。ジャニーズ事務所の新社長となった藤島ジュリー景子氏が、「長瀬を引き止めたらジャニーズ事務所幹部の席を用意する」と木村に告げたという話もある。

 「女性自身」2020年3月24・31日合併号(光文社)は、木村拓哉は長瀬智也が抱える“苦悩”を理解しており、今後の活動についてある“助言”をしていたと報じた。記事によれば、長瀬は山口達也が抜けたことでグループの音楽活動がストップしている状態にショックを受けており、周囲に「インディーズで自分のやりたいことを突き詰めたい」と語っているという。

 そんな長瀬の想いを木村は深く理解しており、SMAP解散後もソロで活動し続ける自身の経験を元に、表現者として「いつも1人の覚悟」を持つことの重要さを常々長瀬に助言しているそうだ。

 ただ、長瀬の退所の動機については、「音楽活動ができないから」ではなく「事務所がドラマの仕事を回してくれないから」との説もあり、結局のところ長瀬自身の言葉がない以上は何もわからないままだ。

[wezzy_blogcard 75163]

 しかし、長瀬は木村に事務所への不満とも取れる言葉を吐露したことがあった。昨年2月、木村がパーソナリティーを務めるラジオ『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)にゲスト出演した際のことである。長瀬は、自身がジャニーズ事務所に入った当時のことを振り返りながら、木村と以下のトークを繰り広げたのだ。

長瀬:ジャニーズ事務所ですから、入所とか退所でいいんじゃないですか?
木村:え、でも、それちょっとプリズンな感じする(笑)。
長瀬:プリズンな感じですか? ま、プリズンみたいなもんじゃないですか!(笑)
木村:おい、やめろ!
2人:(爆笑)

 “プリズン”は大げさな冗談だろうが、長瀬がジャニーズ事務所での現状を窮屈に感じていることはうかがえる。

 公開のラジオではそれ以上語らなかったが、長瀬がそうした心境を木村に打ち明けることもあったとすれば、相談に乗るくらいのことはあり得るのかもしれない。

 とはいえ木村拓哉も決して暇ではない。4月16日からスタートする主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の撮影真っただ中だ。新型コロナウイルスの影響でドラマのロケが中止となり、スタジオにセットを組み直すなど対応に追われる現場は多いというが、『BG』とて例外ではないだろう。撮影スケジュールのバタつく中、長瀬を説得するような余裕もないのではなかろうか。

最終更新:2020/03/30 05:30

長瀬智也のTOKIO脱退・退所を引き止める余裕が木村拓哉にあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

フースーヤ、舞い戻る

 2016年年末、芸歴1年目にしてフジテレビの若手発掘番組『新しい波24』で華々しく...
写真