日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 柴咲コウのYouTubeに困惑の声

柴咲コウ、YouTube開設も困惑の声「女優はしないほうがいい」「思ってたのと違う」

文=日刊サイゾー

柴咲コウ

 柴咲コウがYouTubeチャンネルの立ち上げを発表し、物議を醸している。

 現在放送中のNHK朝ドラ『エール』への出演が決定している柴咲。視聴者の期待も高まっている。

 そんな柴咲だが、3月31日にツイッターを更新し、「『美しく生きる』をテーマにした”Vmedia” 本日STARTです!」とYouTubeチャンネルの立ち上げを報告。「『環境』『衣食住』『エンタメ』を自身プロデュースのコンセプト内で発信します」と動画のテーマについて語った。

 また、柴咲のYouTubeチャンネルでは30日に一部動画が公開されており、環境問題や一緒に暮らしている猫のこと、会社を経営する社長としての一面、歌手業、女優業などについて発信することを明かしていた。

 柴咲のこうした活動についてファンからは、「このチャンネルがあれば一生家にいれる!」「これから楽しみにしてます」という期待の声が集まっていた一方、ネット上には、「あんまり安っぽいことしてほしくなかった」「女優さんはYouTubeしない方がいい気がする。ミステリアスさを大切にして」「この人にはこういうことしてほしくなかった…」「思ってたのと違う」といった厳しい声も。

 いまや多くの芸能人がYouTubeチャンネルを開設しているが成功例はごく一部。柴咲はどんな動画を見せてくれるのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/02 11:00

柴咲コウ、YouTube開設も困惑の声「女優はしないほうがいい」「思ってたのと違う」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真