日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 志村けんと音楽の密接な関係
久保田利伸との親交も……

志村けんと音楽の密接な関係 ハードロックからソウルフリークになったきっかけとは?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

コント55号と迷い、音があるドリフを選んだ

 これだけ音楽の素地があるならばミュージシャンを志してもよさそうだが、その道はよぎらなかったのだろうか?

「それはなかったですね。でも、音楽はやってたんですけどね。高校の頃、コント55号へ行こうか、ドリフターズに行こうか迷ったんです。付き人やるときにね。で、コント55号は動きは好きなんだけど、音がない……それが決め手になってドリフターズに付いたんですよ」

 ちなみに、志村も日本の音楽を聴かないわけではない。

「日本語って、やっぱりロックに合わないんだろうねえ。でも、日本語を英語っぽく歌って成功したのは吉田拓郎じゃないかと思うんだよね。桑田佳祐よりも前ですね。それと、拓郎のほうがビートルズっぽかったですね」

 志村の逝去から2日後、31日に放送された『志村でナイト』(フジテレビ系)はいつも通りに志村が作り上げたコントが次々に放送された。そして、オープニングでは番組スタッフと志村の所属事務所であるイザワオフィスからのメッセージがテロップで流された。

「志村けんは令和2年3月29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため、満70歳で亡くなりました。闘病中、皆様から数多くの応援や励ましのお言葉を頂戴しており、大変感謝しております。たくさん笑って、志村けんを偲んでいただけますと幸いです」

 このとき、BGMに流れたのは吉田拓郎が歌う「ファイト!」だった。

 

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/04/02 19:21
123

志村けんと音楽の密接な関係 ハードロックからソウルフリークになったきっかけとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真