日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ジェジュンの「冗談」で対応に追われるテレビ局

ジェジュンの「冗談」がきっかけ? TBSスタジオ収録中止、出演辞退のタレントも

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
ジェジュンの「冗談」がきっかけ? TBSスタジオ収録中止、出演辞退のタレントもの画像1
TBS

 元・東方神起でK-POPグループ「JYJ」のジェジュンが4月1日、インスタグラムで「僕は新型コロナウイルスに感染した」「ある病院に入院している」などと投稿し、大騒ぎになった。韓国の所属事務所C-JeSエンターテインメントも「事実を確認中」とコメントを出していたが、後に本人が「エイプリルフールの行き過ぎた冗談だった」と謝罪。日韓双方で「不謹慎だ」と非難する声が相次いでいるが、ジェジュンのデマは日本のテレビ業界に大きな影響をもたらしたようだ。

 韓国国内では、青瓦台の国民請願掲示板に「コロナをいたずらに使うとは話にならない」とし、ジェジュンについて「処罰して、2度と同じようないたずらができないようにしてほしい」と求める請願文まで登場。数時間で数千人もの同意を集め、騒動が続いている。

 日本でも精力的な芸能活動を行っているジェジュンは、31日にはNHKの歌番組『うたコン』に生出演。乃木坂46の生田絵梨花とのデュエットを披露した直後のデマだったため、日本のアイドルファンの反感まで買ってしまった。

 ただし、ある芸能記者は「ジェジュンの騒動は、日本のテレビ業界にとってはある意味、いい警告になったのでは」と話す。

「有名人・著名人の感染例も増えつつあるなか、ジェジュンの『エイプリルフールの冗談』がネットで大騒ぎになったことで、緊急に『出演者やスタッフに感染者、または濃厚接触者が出たらどう対処するか?』を会議したキー局もありました。タレントに濃厚接触者が出れば事務所にも迷惑をかけてしまうので、慎重になるのは当然のことですが、日本のテレビ業界も、本腰を入れて対策するきっかけになったかも知れません。
 すでにテレビ東京は社員の8割を在宅勤務にしており、日本テレビも入館規制をはじめるなど、各局が感染予防対策を始めています。ついにTBSはバラエティのロケやスタジオ収録を2週間、中止することを決定しました。空いた番組枠は報道番組や再放送でなんとかつなぐのでしょう」(前出の芸能記者)

 SNSでテレビ収録について反対意見を表明するタレントも少なくなく、りゅうちぇるの妻・ぺこ(オクヒラテツコ)は30日、「テレビなどもはやく収録とかやめてほしい、やめたほうがいいと心から思っています」、桑田真澄の次男・Mattも31日に「まだまだ局の対策があまいし、普通に近くで話してくるから怖い」「その番組っていま本当にやらなきゃいけないものなのでしょうか?」と苦言を呈していた。今後、タレント側から収録参加を拒否することもあるかもしれない。すでに、ある大物司会者が出演の辞退を申し出ているといったケースも出てきているという。

 バラエティだけでなく、報道番組の現場も対応に追われている。

『ZIP』(日本テレビ系)や『ひるおび』(TBS系)は、視聴者の間で「出演者同士の距離が離れてる?」と話題になっているが、ある民放キー局の番組関係者は「感染予防対策として、出演者同士の『社会的距離(ソーシャルディスタンス)』を保つため、スタジオに2mのボードを用意して距離を測っているんです。収録も厳戒態勢ですよ」と話す。

 新型コロナの脅威に揺れるテレビ業界。各局の今後の対応が気になるところだ。

最終更新:2020/04/03 10:32

ジェジュンの「冗談」がきっかけ? TBSスタジオ収録中止、出演辞退のタレントものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真