日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宮根、歓楽街救済発言に歓喜の声

宮根誠司、「無制限で補償して!」歓楽街の救済発言に飲食店や性風俗店から歓喜の声

文=日刊サイゾー

宮根誠司

 フリーアナウンサーの宮根誠司が、2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演した際、困窮している社会情勢に言及したことがある方面で話題を呼んでいる。

 宮根は小池百合子東京都知事らが昨今の社会情勢を踏まえてバーやナイトクラブ、カラオケ店、ライブハウスなど深夜から早朝にかけて営業する飲食店への出入りを控えてほしいと何度も訴えたことに触れ、「いろんな人に話を聞いたが『もうダメだ』と言ってる。(休業するとそのまま)潰れてなくなっちゃう」と発言。

 その理由として日々の売り上げがそのまま店の運転資金に回っていると明かし「無制限で補償してあげたらいい。街が死んでしまう」と訴えた。

 以前より宮根は大阪・北新地のクラブなどに足しげく通っているのは有名な話だが、この発言に地元大阪の飲食店関係者は「よくぞ言ってくれた!」と喜びの声を上げている。

「報道、情報番組では何度も夜の歓楽街を狙い撃ちしたような発言が多い。確かに、危険度は上がっているが、かといって保証してもらえないと生活が成り立たない」(同)

 歓楽街の飲食店や性風俗店などは日々、立場が厳しくなっている状況だが「それでも、宮根さんがああいうことを言ってくれたのはありがたい。そう思っている同業者は多い」(同)と続ける。

 社会が落ち着かないなかで、宮根が一石を投じたのは大きい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/05 12:00

宮根誠司、「無制限で補償して!」歓楽街の救済発言に飲食店や性風俗店から歓喜の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真