日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志、夜の職業差別発言にツッコミ続出

松本人志、夜の職業差別発言で「お前は行かないのか」とツッコミ続出! 芸人の夜遊び事情

文=日刊サイゾー

松本人志、夜の職業差別発言で「お前は行かないのか」とツッコミ続出! 芸人の夜遊び事情の画像1
松本人志

 ダウンタウンの松本人志が、5日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「ホステスさんには税金で保障したくない」と発言し、視聴者から「お前は夜の街で遊ばないのか!」とツッコミが相次いでいる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で飲食店などが営業の自粛を余儀なくされ、そこで働く人々の生活が脅かされている。政府は所得が減少した世帯を対象に現金30万円を給付する方針を示したが、松本は「水商売のホステスさんが仕事を休むからといって、ホステスさんがもらっている給料を我々の税金では、俺はごめん、払いたくはないわ」と発言。視聴者から「職業差別をするな」と批判を浴び、大炎上となった。

 売れっ子芸人の盛んな“夜遊び”が週刊誌にキャッチされることもは珍しくなく、バラエティなどで自らネタにする芸人もいる。松本の発言にも「お前も夜の街のお世話になっているだろ!」とツッコみを入れる声が相次いだ。

 しかし、芸能リポーターの城下尊之氏は「松本さんは、キャバクラで遊び回るようなタイプではないでしょう」と話す。

「前は気に入った後輩芸人を引き連れて飲み歩くことも多かったようですが、2009年に結婚してお子さんが生まれてからは、その頻度もかなり減っているようです。そもそも、松本さんは他人と打ち解けるまで時間がかかるタイプ。初対面であればなおさら、口数も少なく、相手をジッと観察しているような人です。キャバクラのように不特定多数の女性がいる場は、もとから得意ではないのでは。もっとも、気心の知れたホステスさんがいれば特定の店に通う可能性もあるでしょうが、そういう話もあまり聞きません」(城下氏)

 松本はさておき、一部の芸人たちが“夜遊び”好きであることは間違いないようだ。

「10年ほど前、五反田のジョナサンで深夜に打ち合わせをしていたところ、当時売り出し中だった若手芸人3人がバラバラに入店してきたんです。それぞれ別の“夜の店”で遊んだ帰りで、その土産話や女性の品評で盛り上がっていましたよ。そのうち一人は、当時ベストセラーになった自著の印税収入でかなり潤っていたはずですが、得意顔で芸人仲間に奢っていたのはファミレス代だけだったので、思わず心の中で『おいおい』とツッコんでしまいましたよ(笑)」(城下氏)

 夜職をめぐっては、新型コロナウイルスの影響による休校措置で仕事を休まざるを得なくなった保護者への休業補償でも対象外とされたことも議論になっていた。しかし7日、加藤勝信厚労省は「風俗関係者を対象とすることにしたい」と方針を表明している。

 “夜遊び”芸人ではなくとも、新型コロナウイルスが一日も早く収束し、夜の街が元の活気を取り戻せるよう祈らずにはいられない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/08 20:30

松本人志、夜の職業差別発言で「お前は行かないのか」とツッコミ続出! 芸人の夜遊び事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真