日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸能人による政治的発言の代償

ぜんじろう「黙っている必要ない」、芸能人による政治的発言の是非

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 お笑いタレントのぜんじろうが26日、自身の公式ツイッターで昨今の社会情勢を踏まえた“政治的発言”を、芸能人が手控えていることに苦言を投げかけた。

 ぜんじろうは職業を問わず「社会の一員」であることを強調した上で「黙ってる必要ない」などと投稿。一部の俳優が政治的発言をしないとコメントしたことには「それが『なぜ?』かを知りたい」と疑問視している。

 お笑い関係者は「ウーマンラッシュアワーの村本大輔も同様の発言をすることがありますが、要は、芸人が“電波芸者”になり下がった影響が大きい」と指摘する。

 さらに、「芸人にとって、劇場や営業などで芸を磨いて笑いを産むのが重要ではなく、テレビのトーク番組のMCをやったり、ワイドショーのコメンテーターに収まることが今やステータスとなってしまった。中にはこれらの仕事をする者を毛嫌いする芸人もいるにはいますが、一方で週に1回でも2回でも“レギュラー”の仕事は確保されるわけですから、仕事としてはおいしいわけです」と続ける。

「今、時代は進んで、本業のお笑いはどんどんYouTubeに代表されるような動画コンテンツでしか表現できなくなった。要は“笑い”を取るか、安定した“ギャラ”を取るか。そんなところまで、ある意味、追い詰められていますよ」(同)

 現役の中堅芸人からは「スポンサーを気にしない芸人なんて、今やいませんから……」との声もあるだけに、どちらを取るかは今後、ますます難しくなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/01 12:00

ぜんじろう「黙っている必要ない」、芸能人による政治的発言の是非のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真