日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸能人による政治的発言の代償

ぜんじろう「黙っている必要ない」、芸能人による政治的発言の是非

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 お笑いタレントのぜんじろうが26日、自身の公式ツイッターで昨今の社会情勢を踏まえた“政治的発言”を、芸能人が手控えていることに苦言を投げかけた。

 ぜんじろうは職業を問わず「社会の一員」であることを強調した上で「黙ってる必要ない」などと投稿。一部の俳優が政治的発言をしないとコメントしたことには「それが『なぜ?』かを知りたい」と疑問視している。

 お笑い関係者は「ウーマンラッシュアワーの村本大輔も同様の発言をすることがありますが、要は、芸人が“電波芸者”になり下がった影響が大きい」と指摘する。

 さらに、「芸人にとって、劇場や営業などで芸を磨いて笑いを産むのが重要ではなく、テレビのトーク番組のMCをやったり、ワイドショーのコメンテーターに収まることが今やステータスとなってしまった。中にはこれらの仕事をする者を毛嫌いする芸人もいるにはいますが、一方で週に1回でも2回でも“レギュラー”の仕事は確保されるわけですから、仕事としてはおいしいわけです」と続ける。

「今、時代は進んで、本業のお笑いはどんどんYouTubeに代表されるような動画コンテンツでしか表現できなくなった。要は“笑い”を取るか、安定した“ギャラ”を取るか。そんなところまで、ある意味、追い詰められていますよ」(同)

 現役の中堅芸人からは「スポンサーを気にしない芸人なんて、今やいませんから……」との声もあるだけに、どちらを取るかは今後、ますます難しくなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/01 12:00

ぜんじろう「黙っている必要ない」、芸能人による政治的発言の是非のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

国葬を岸田首相に進言した“ブレーン”の正体

今週の注目記事・第1位「『ENEOS独裁会長...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真