日刊サイゾー トップ > インタビュー  > Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!
Mr.都市伝説・関暁夫インタビュー

Mr.都市伝説・関が熱弁「物質的価値観からの解放と精神テクノロジー」の時代…そしてお笑いもちゃんとやっていた!!

文=伊藤綾(いとう・りょう)

シリーズ最新作は波動を込めて作成したオリジナル特製ステッカー「宇宙パワーヒランヤ」付き。

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ』(竹書房)が2019年12月に発売され、各所で話題を呼んでいる。

 かつて“身近で本当に起きた話”として、口伝えでまことしやかに語り継がれ、いまもネット空間を中心に増殖し続けている都市伝説だが、今回は現在の「都市伝説再ブーム」の火付け役である著者のMr.都市伝説こと関暁夫にインタビューを敢行。

 代表番組『やりすぎ都市伝説』(テレビ東京)の裏話から、お笑いコンビ・ハローバイバイでの活動を経て、都市伝説テラーとなった関の芸人観まで、大いに語ってもらった。

***

――06年に出版され、80万部以上を売り上げたシリーズ第1弾『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第』(竹書房)と比べると、「A.I.と人類のルーツ」を紐解く7巻は完全にテクノロジーの話が中心になっていて、都市伝説もスケールアップした印象です。

関暁夫(以下、関) 今回の第7弾を読んで、テクノロジーの話として理解してもらえるということは、僕としてはすごくうれしいことなんですよ。1巻を出した06年から時代が大きく変わってきて、今まで言ってきたことがどんどん現実になってきた。まだシリーズ第5弾、第6弾の段階では、みんな理解できていなかったんだよね。当時はイーロン・マスクなんて誰も知らなかったから。だけど、バカにしていた人たちも認めざるを得ないような状況になった。いまだに「宇宙の時代ですよ」と言ってもポカンとしちゃう人たちもいるけど、特に10代~20代の若い子たちはだいたい理解できていて、もう柔軟に対応できているでしょ。

——本書にはスマホのカメラを表紙にかざすとAR動画が展開されたり、途中で文字の方向が上下逆転して、本を回転させたりといった仕掛けもありますね。

関 パソコンとは違う、本というアナログなものを通して、宇宙と繋がる第七感とされるものの思考や感覚の開きのきっかけにしてくださればなと。こういう仕掛けは第4弾から始めていることで。右脳から左脳、左脳から右脳、それを超えた脳外記憶というものを取り戻すためには、本の常識を超えたところでのアクションや色んな創意工夫が必要なわけ。

——これまで都市伝説に興味がなかった読者でも、7巻から読んでついていけるでしょうか?

関 1冊書くたびに、初めて手にする人でも読みやすい環境にはなっているとは思う。いろんなところで共感できるような点が、生活の中でたくさんあるから。だけど、時代の価値観に対応できていない人が読めば、それはやっぱり理解できない。時代の価値観というものを理解できている人なら、7巻からでも読みやすいと思うよ。

123

Mr.都市伝説・関が熱弁「物質的価値観からの解放と精神テクノロジー」の時代…そしてお笑いもちゃんとやっていた!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真