日刊サイゾー トップ > 社会  > “発見されない孤独死”が増加中?

外出自粛下で“発見されない孤独死”が増加中!?  夏場に特殊清掃崩壊危機も……

文=日刊サイゾー
イメージ画像 (himawariinさんによる写真ACから)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の1カ月延長が決まったが、外出自粛下で新たな社会問題が表面化している。それが、孤独死の発見の遅れだ。

「ゴールデンウイーク直前のある日、5~6人の警察官が、うちのアパートの階下の部屋に、数時間にわたって出たり入ったりしていました。“殺人事件が起きたのでは?”というウワサも流れたのですが、そこにひとりで住んでいた70代の男性が孤独死していたんだとか。遺体は死後10日ほどたっており、腐乱していて、異臭に気づいた隣人が通報したようです」

 そう話すのは、関東在住の50代男性だ。

 一時は、新型コロナ感染者だったのではと近所でも心配されたというが、のちにその可能性は否定された。

 しかし、この男性は「パンデミックさえなければ、彼は腐乱死体とならずに済んだのではないか?」と話す。

「亡くなられた方とは私もよく顔を合わせていて、挨拶する程度の仲でした。彼が近所の人と立ち話しているのもよく目にしました。平常時なら、姿を見せなくなった時点で、誰かが不審に思ったはず。しかし、外出自粛のせいで、人と会わないのが普通になってしまっていた。週1回の、民生委員による独居高齢者宅の見回りも、感染防止のために中断されていたようです」(同)

 孤独死現場の清掃業務も請け負う、都内業者に勤務する30代男性も明かす。

「確かに外出自粛のせいで、通常より時間がたって孤独死が発覚するケースが増えていると実感します。さらに、新型コロナウイルスへの警戒心から、孤独死現場の清掃業務を断っている同業者も多いみたいで、たらい回しになることもあるようです。にもかかわらず、不思議なことに、うちに回ってくる孤独死現場の案件は、例年比で2割ほど少なくなっている。孤独死が一定割合で発生すると考えれば、外出自粛によって、孤独死が発見されないまま放置されている可能性がある。今後気温が上昇してくると、異臭を放ち始めた遺体が大量に発見されることもあり得ます。そうなれば、医療崩壊や葬儀崩壊同様、特殊清掃崩壊が起きるのではないかと心配しています」

 警視庁によると、3月中旬から4月中旬までの間に全国で発見された変死体のうち11体がコロナに感染していたというが、コロナに限らず、独居高齢者の孤独死リスクは今後、確実に増大していくものとみられる。民生委員の見回りに代わる、なんらかの支援策が早急に必要だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/08 14:00

外出自粛下で“発見されない孤独死”が増加中!?  夏場に特殊清掃崩壊危機も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

瓜田純士、ネットリンチに物申す

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが急...
写真