日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 本田圭佑教育論が武藤嘉紀に完敗

“星稜”本田圭佑の教育論が“慶應”武藤嘉紀に完敗した学歴以外の重大理由

文=日刊サイゾー

本田圭佑

 感情的になったのは学力コンプレックスの裏返し?

 5月16日にサッカーの本田圭佑がツイッターを更新。「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う。あのやってない奴があかんみたいな空気が辛すぎる」との持論を展開した。

 しかし、この意見を真っ向否定したのが同じくサッカー選手の武藤嘉紀。すぐさまSNSにて、「子供は物事の必要性だったり自己なんてのは、色んな事を経験しながら確立させていくもので、最初から嫌なものしなくていいという考えを植え付けるのは危険」「子供たちは『本田選手がこう言ってるんだから、宿題はやらなくていいんだ』と飲み込む子供が確実に増加する」とたしなめた。

「2人は日本代表でチームメートとしてもプレーした間柄で、SNSでも交流がある。また、武藤は自宅が本田グッズであふれているほどの信者。本田の影響力を知っているからこそ、軽率な教育論に苦言を呈したのでしょう」(スポーツ紙記者)

 これに本田も再反論を試みるも、一般入試で慶應義塾高校に入学した武藤を「猛勉強して受験してきた人には逆らえない」「反復練習で身に付く技術もある。宿題はそれと一緒」「学力もあるが、規則を守ることを身に付けることも大事」などと擁護する声がネット上では多い。

 とりわけ、本田については“あの件”を掘り起こされてしまっているようだ。

「本田といえば、『清々しい』を“きよきよしい”と呼んで、赤っ恥をかいたことがある。そのため、『宿題してたら簡単に読めたぞ』とツッコまれています」(前出・記者)

 こうしたフォロワーから意見された本田は、「ツイッターをやり始めて3年経つけど、初めて反対される意見に感情的になったかも。全然あかんね。修業します」と語り、武藤に完敗したことを認めている。

 本田の教育論には賛同者が少なかったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/19 21:30

“星稜”本田圭佑の教育論が“慶應”武藤嘉紀に完敗した学歴以外の重大理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真