日刊サイゾー トップ > 芸能  > ボビー・オロゴン、凶暴な一面
おとぼけキャラの裏側に凶暴な一面……

DV逮捕のボビー・オロゴンに複数の「武勇伝」 六本木でもあわや大暴れ!?

文=伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

ボビー・オロゴン インスタグラムより

 テレビ東京系の人気バラエティ番組『YOUは何しに日本へ?』のナレーションなどで活躍するナイジェリア出身のタレント、ボビー・オロゴン容疑者(54=本名・近田ボビー)が16日、妻への暴行容疑で現行犯逮捕。18日に釈放された。

 ボビー容疑者は警察の取り調べに対し、「手で妻の顔を振り払い、遠くに押しやるような行為を働いた」という趣旨の供述をしているが、暴行については「やっていない」と否認を続けているという。

 とぼけた日本語と愛嬌のあるキャラクターで人気のボビー容疑者逮捕のニュースは、マスコミ各社が大きく報道。テレビで披露する陽気な顔とは裏腹の粗暴な一面に驚きを覚える視聴者が多かったとみられるが、業界からは「起こるべくして起こった」との声も漏れ聞こえてくる。一体どういうことなのか?

「ボビーの凶暴さは、一部ではよく知られていました。暴力沙汰は今回が初めてではなく、これまでにも何度も騒ぎを起こしています。2006年には所属事務所内で大暴れし、スタッフら4人に大ケガを負わせたこともありました。事務所との金銭トラブルが原因だったといわれており、結局、事務所側とは和解。その後、独立しましたが、当時は大きな騒ぎになりました。この一件に限らず、ボビーは感情の起伏が激しく、普段は明るいのですが、一度キレると手がつけられなくなるところがあったといいます」(事情を知る業界関係者)

 テレビカメラの前では見せないボビーの危険な一面についての証言は、まだある。若者グループを相手に激高した ボビーを目撃したというのは、六本木にある飲食店の従業員だ。

「今から2年ほど前のことですが、六本木の路上にちょっとした人だかりができていて、その中心にボビーがいたんです。通行人が写真撮影を求めると応じてくれたりと、和やかな雰囲気でした。しかしその後、そこにいた若者グループ数人が、ボビーを挑発し始めたんです。しばらくは無視していたボビーでしたが、グループのひとりが『お前ボビーじゃねえだろ、ボッタクリバーのキャッチだろ!』と言った瞬間、『おまえ、ざけんなよ』とそいつに突っかかっていったんです。そばにいた何人かは、ボビーの屈強な体にはじかれるような形になって、よろめいていました。結局、ボビーの同行者数人が彼を止めて事なきを得ましたが、テレビで見るおとぼけキャラとはまったく違って、怖かった」

 また、ボビー容疑者と親交のあるタレント・モト冬樹(69)は、17日に自身のブログを更新。「ボビー、またかよ」と題した記事で、「以前にも暴力事件を起こしたことがある」と指摘し、「普段は明るくてめちゃくちゃいいやつなんだけど 喜怒哀楽が激しい」と明かしている。

 被害に遭ったとされるボビーの妻は報道陣の取材に対し、「長年、さまざまなDVを受けてきた」と語っており、両者の言い分には食い違いも出ている。

 今後の展開に注目だ。

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

1980年生まれ。在京新聞社や週刊誌を十数年渡り歩き、フリーのルポライターとして活動。犯罪や貧困問題などを精力的に取材している。

最終更新:2020/05/20 16:00

DV逮捕のボビー・オロゴンに複数の「武勇伝」 六本木でもあわや大暴れ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

格闘夫婦による愛と復讐のストーリー

「愛は平和ではない。愛は戦いである」  梶...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真