日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ボビー・オロゴン芸能界追放か

ボビー・オロゴン、妻へのDV容疑に年齢詐称もバレて芸能界から完全追放か

文=田中七男

ボビー・オロゴン

 ナイジェリア出身のタレント、ボビー・オロゴン容疑者が16日午前11時50分頃、埼玉県さいたま市浦和区の自宅で、妻の頬を指先で叩いた疑いで、同県警浦和署に現行犯逮捕され、18日に送検された。同県警によると「暴力はやっていない」と否認しているという。

 妻にケガはなく、単なる夫婦ゲンカによる110番通報かとも思われたが、マスコミ対応した妻が「長年にわたってDVやいやがらせを受けていた」と吐露したことで、事態は急展開した。

 ボビーは16日に『出川哲朗の充電させてもらえませんか? 伝説の充電第1弾!横浜から日本海SP完結編』(テレビ東京系)にリモートでゲスト出演したが、番組では「4月26日に収録したものです」とのテロップを表示。17日には『YOUは何しに日本へ? 予習復習スペシャル』(同)でナレーションを務めていたが、「2018年6月18日に放送したものです」とのテロップが出た。

 18日には、『YOUは何しに日本へ?』(同)の本放送があるが、事態を重く見た同局では、急きょナレーターをパックンに変更。同局では、この後も『なないろ日和』内のお取り寄せグルメ番組『虎ノ門市場』や、23日放送の『初夏の北海道!絶景&グルメ』にも出演予定だったが、「内容を変更して放送します」としており、”ボビー降ろし“を決めた。

 ボビーが暴行容疑で逮捕されたのは、今回が2度目。06年1月には、当時の所属事務所で出演料を巡り大暴れして、居合わせたジョン・ムウェテ・ムルアカ氏(鈴木宗男衆議院議員=当時=の元私設秘書)にケガを負わせたとして、警視庁原宿署に逮捕されている。さすがに2度目となると、「手の早い粗暴な人」との印象が拭えなくなった。

「妻のDV告発が虚偽発言である可能性もなくはないですが、たいしたことないのに、わざわざ110番通報するとは思えません。これでボビーのタレントイメージが失墜するのは間違いありません。コンプライアンスに厳しい、この時代では、『YOU』などを降板する可能性は高いでしょうね。かつては売れっ子だったボビーですが、今やタレントとしては”テレ東頼み“。ここから切られたら、タレントとしての仕事はほぼなくなりますから、実質的に芸能界追放の危機を迎えたと言ってもいいでしょうね」(スポーツ紙記者)

 95年に初来日したボビーは、99年に結婚し、2男3女をもうけており、一見夫婦円満のように見えたが、日本人の妻は我慢の限界に達したのだろう。

 ボビーは06年に逮捕された際、外国人登録証で、公称年齢より7歳上になっていたことが報じられたが、「パスポートを取得する際に間違えられた。アフリカではよくあること」とごまかしていた。だが、今回の逮捕で、「1973年生まれの47歳」ではなく、「1966年生まれの54歳」と再び明らかになり、年齢詐称も完全にバレてしまった。

 キャラ的に年のことは大きなダメージにはないだろうが、”DV男“に仕事を与えるテレビ局は、当分なさそうだ。

最終更新:2020/05/18 18:00

ボビー・オロゴン、妻へのDV容疑に年齢詐称もバレて芸能界から完全追放かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真