日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『報ステ』刷新は既定路線⁉

富川アナ復帰も『報ステ』刷新は既定路線⁉ 田中みな実と滝クリの争奪戦も勃発

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 世間の印象は大きく変わってきているが、そのポジションは安泰ではないようだ。

 4月に新型コロナウイルスに感染したテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、6月4日放送の『報道ステーション』でキャスター復帰した。

 富川アナは発熱の症状があったにもかかわらず、番組に出演していことで大バッシングを浴びたが、4日の放送では経緯を事細かに説明したうえで、自身の行動が軽率だったと謝罪。視聴者からは「ここまでする必要あるのか」「なんで謝るの?」といった擁護の声も聞かれた。

「とはいえ、いまだに局には視聴者からの抗議の電話がかかってくるようです。近年の『報ステ』は、有働由美子がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)に押され気味。不倫イメージの徳永有美は女性視聴者から不人気で、そこにきて富川アナもコロナ対応で失墜とあって、局内では大幅なテコ入れも検討されているといいます」(テレビ関係者)

 コロナが収まれば報道番組の視聴率は下落していくことは確実。そのため、局側とすれば話題性のあるキャスターは欠かせないところだろう。

「候補に挙がっているのが、以前から『報ステ』に興味を示している宮根誠司。同じ事務所の田中みな実とセットであれば、注目を集めるのは間違いない。さらに、産休から復帰した滝川クリステルにも報道関係者からの熱い視線が送られています。代名詞となっている斜め45度のおみ脚に加え、来夏に予定されている東京五輪が開催された際に、招致プレゼンターだった滝川がキャスターでいることは大きなアドバンテージになります。視聴率が低迷し、メインキャスターの小川彩佳が産休に入る『news23』(TBS系)でも、滝川が新キャスター候補になっていると聞きます」(業界関係者)

 富川アナは視聴者の信頼を取り戻し、キャスターの座を死守することができるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/09 22:00

富川アナ復帰も『報ステ』刷新は既定路線⁉ 田中みな実と滝クリの争奪戦も勃発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真