日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 富川悠太アナ、報ステ復帰も

コロナより児童虐待がネック!? 富川悠太アナ、『報ステ』復帰も10月に“Abema送り”か

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 視聴者のアレルギー反応は強そうだが……。

 5月29日、新型コロナウイルスに感染し療養を続けているテレビ朝日の富川悠太アナが、メインキャスターを務める『報道ステーション』に6月4日放送回から復帰することが発表された。

「発熱後も出勤し続けていたことで、富川アナには『コロナを伝える資格なし』などの厳しい言葉が飛び交いました。本人は復帰に際し、『お叱りの言葉を必ずいかしてまいります』とコメントしていますが、代役を務めた小木逸平アナがかなり好評だったため、ネット上では小木アナへの完全交代を望む声が圧倒的です」(テレビ誌ライター)

 富川アナは当面は木・金のキャスターを担当、森川夕貴アナとタッグを組むことに。月~水は小木アナとフリーの徳永有美アナがキャスターを担当し、富川アナはフィールドリポーターを務めるという。

 ともあれ、なんとか番組復帰にこぎつけた富川アナだが、これでポジションが安泰となったわけではないようだ。テレビ朝日関係者が耳打ちするという。

「富川アナの去就は、6、7、8月の視聴率次第ということになっています。その数字いかんでは10月改編で降板となる見込みです。目下、局側が懸念しているのは、コロナ感染後に出演していたことよりも、5月11日に『文春オンライン』で報じられた児童虐待問題のほう。記事によれば、富川アナの妻が子どもに罵声を浴びせて子どもが激しく泣きわめき、自宅に警察官と児童相談所職員が駆け付けるトラブルが発生していたとあります。富川アナはこの件についてはダンマリを決め込んでいますが、世間の拒否反応は相当なもの。富川アナの出演時間だけ視聴率が下落すれば、10月からは『Abema送り』となるでしょう」

 富川アナの顔を見るたび、視聴者は「闇」を感じてチャンネルを変えてしまう?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/02 07:07

コロナより児童虐待がネック!? 富川悠太アナ、『報ステ』復帰も10月に“Abema送り”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

格闘夫婦による愛と復讐のストーリー

「愛は平和ではない。愛は戦いである」  梶...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真