日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > フット岩尾、リモートで評価上昇

後藤との立場逆転も!? フット岩尾、『バイキング』のリモート出演で評価急上昇

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 新型コロナウイルスの影響で、テレビ番組の制作現場は一変。スタジオに登場する出演者は削減され、リモート出演となるケースも増加している。そんななか、にわかに評価を上げているのが、フットボールアワーの岩尾望だ。

 岩尾はフジテレビ系『バイキング』の木曜日に、フットボールアワーとして相方の後藤輝基と2人でレギュラー出演中。最近は、スタジオ外からリモート出演することが多い。

「これまでも『バイキング』での岩尾さんは、時事問題に対して必ず1つ以上のボケを入れつつコメントするとして、高く評価されていました。しかし、スピーディーな展開の通常生放送では、岩尾さんに回ってくる時間も短いし、MCの坂上さんや相方・後藤さんからのプレッシャーもあり、コメントが途中で遮られるようなこともあったんです。

 それが、リモート出演となったことで、“トークの回し”がゆっくりになり、岩尾さんがしっかり話せるようになった。その結果、岩尾さんのコメント力が存分に発揮されているんです。岩尾さんがうまいコメントをすると、坂上さんも上機嫌になっています」(テレビ局関係者)

 その一方で、後藤のほうはコロナがネガティブに影響しているという。

「ツッコミの芸人はやはり“間”が命ですからね。リモート出演になるとタイムラグもあるし、スタジオとの空気の違いもあって、間が悪くなる。そういう意味で後藤さんは今、少々使いづらい芸人になっています。『バイキング』もコロナ以降出演者を減らしていて、後藤さんはあまり出ていない。アドリブで空気を支配する後藤さんのような芸人よりも、ゆったりとした雰囲気で深みのあるうまいコメントができる岩尾さんのような芸人のほうが重宝されるようになった感じがあります」(同)

 岩尾同様に『バイキング』で評価を上げているのは、アンガールズ・田中卓志だ。バラエティー番組関係者はこう話す。

「もともと、田中さんはワイドショーでのコメント力が高いといわれていましたが、リモートでの落ち着いた雰囲気がより高評価につながっています。コメントもセンスのあるボケを含ませるタイプというよりも、視聴者と同じ目線の素朴なものが多く、だからこそのフラットな意見が共感を呼びやすい。コロナ後のバラエティーで、より一層活躍しそうな気がします」(同)

 押しの強い芸人ではなく、一歩引いた芸人たちが活躍する時代になるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/11 10:00

後藤との立場逆転も!? フット岩尾、『バイキング』のリモート出演で評価急上昇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真