本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

ナベプロ大澤常務の“セクハラ問題”が、あらゆるメディアで黙殺される裏事情

文=本多圭(ほんだ・けい)

イメージ画像

「週刊文春」(文藝春秋)に六本木ヒルズの多目的トイレで“テクアウト不倫”を繰り返していたと報じられた、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。芸能マスコミの話題は、もっぱらこのスキャンダルで持ち切りだが、一方で、同じ文藝春秋社内にありながら、「週刊文春」とはライバル関係にあるとされる「文春オンライン」が報じた「ワタナベエンターテインメント」常務取締役だった大澤剛氏による、セクシャルハラスメント問題はあらゆるメディアで黙殺されている。

 文春オンラインが報じたのは、大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントの常務取締役だった大澤氏が、2018年末から1年以上にわたって、自身がプロデュースする男性アイドルグループのメンバーに対してセクハラを行っていたというもの。そのなかには、自身の立場を利用したわいせつ行為も含まれ、報道を受け大澤氏は役員を解任されたが、スポーツ紙やワイドショーは、ナベプロに忖度して、このニュースをスルー。代わりに、渡部のゲス不倫ばかりを報道したが、昭和から平成、令和にかけて芸能プロを取材してきた筆者からすれば、大澤氏のセクハラのほうが大問題だという認識だ。

「ワタナベエンターテインメントは、故・渡辺普さんと奥さんの美佐さんが設立した芸能プロダクション『渡辺プロダクション』の数ある子会社のひとつですが、実質的にはグループの中心企業。ナベプログループは、長女の渡辺ミキさんと次女の渡辺万由美さんが継いだ形です。業界では、ホリプロと並んで世襲制が成功したプロダクションといわれていたんですが、他方で、今回の大澤氏のように、芸能プロ幹部がタレントを私物化したり、マスコミを威圧的に牛耳る悪しき体質は変わっていないことがあらわになってしまいました」(ある大手の芸能プロ幹部)

 昭和40年代、同社は、“ナベプロ王国“と呼ばれるほどの権勢を誇り、メディアをも支配していた。ところが昭和48年、ナベプロが、日本テレビの人気番組『紅白歌のベストテン』の裏で、新人発掘の歌番組をスタートさせたため、それまで蜜月関係にあった日テレとの関係が悪化。その間隙を縫って台頭したのが、ナベプロに代わり、日テレと強固な関係を築いた、当時、新興プロと呼ばれた「ホリプロ」「サンミュージックプロダクション」、それに「バーニングプロダクション」などだった。ちなみに、当時のジャニーズ事務所は、既成プロとは一線を画す、芸能界の“番外地”的存在だった。

 当時はまだ新興プロだったバーニングの周防郁雄社長は、「音楽出版権」ビジネスに着眼。年末の風物詩『日本レコード大賞』に目をつけると、“賞レース”を請け負うことで勢力を拡大する一方、芸能マスコミとの関係強化に尽力し、やがて“芸能界のドン”と呼ばれるようになった。

 そうしてバーニングが台頭すると、周防氏の虎の威を借りて、バーニングと関係が近いケイダッシュのマネージャーTがマスコミを牛耳るようになった。なかでもTは、タレントを私物化し、その結果、同社に所属していたフリーアナウンサーの川田亜子さんが自殺に追い込まれたとの噂も流れたが、Tに忖度したマスコミが真相を追及することはなかった。

「昭和、平成を生き抜いてきた芸能界の重鎮たちも、今は高齢となって一線を退いています。代わって業界をリードしているのは、ナベプロの渡辺姉妹と、ホリプロ創業者の息子2人。彼ら新世代の経営者たちはスキャンダルとは無縁で、“ザ・芸能界”の時代は終わった、といわれていたんです。だから、文春オンラインが報じた大澤常務のセクハラ疑惑には、愕然としましたよ」(前出の大手プロ幹部)

 他方、これまで大澤氏から圧力を受けてきたスポーツ紙記者やワイドショーのリポーター、芸能デスクは、文春オンラインの記事を受け小躍りしたという情報もある。事実だとしたら、情けない話だ。なぜなら、大澤氏をここまで勘違いさせたのはマスコミの責任だからだ。

 大澤氏はマスコミに圧力をかける一方、接待やネタ提供を通じて、記者たちを籠絡してきた。そんな輩に、大澤氏やナベプロを批判できないのは当然だろう。

 昭和の時代から力を持つ芸能プロによってマスコミは骨抜きにされ、ライバル潰しのためのネタを提供しては、見返りの恩恵に浴してきた。平成から令和に入っても、この悪しき体質は変わっていない。

 芸能ジャーナリズムを標榜するなら、このなれ合い関係を断ち切るべきだ。そうしなければ、芸能プロの悪しき体質はいつまでたっても改善されないだろう。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/06/24 06:30

ナベプロ大澤常務の“セクハラ問題”が、あらゆるメディアで黙殺される裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真