日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 第2のワタナベエンタ事件が?

セクハラ、パワハラ、枕営業強要…芸能プロが恐れる第2のワタナベエンタ事件

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:FineGraphics

 芸能界がパニックに陥っている。「週刊文春」(文藝春秋)のアンジャッシュ・渡部建の“トイレ不倫”が大反響を呼ぶなか、「文春オンライン」では老舗芸能プロダクション、ワタナベエンターテインメントの常務取締役O氏のセクハラ問題が報じられた。

 同サイトによれば、O氏がお気に入りの男性タレントに対して、セクハラを行っていたという。これを受け、ワタナベエンタはO氏の常務取締役から解任し、停職処分とした。

 「O氏は同社の渡辺ミキ社長の威光をバックにやりたい放題でした。マスコミに対しても“上から目線”で、スキャンダルを報じようものなら恫喝を繰り返していました。マスコミ関係者の多くはO氏のことを『とにかく面倒くさい』と思っていたはずです。『文春オンライン』でO氏のスキャンダルが報じられるや、芸能マスコミの間では渡部を超えるお祭り騒ぎでした」(スポーツ紙記者)

 報道後、社内では緊急の会議が開かれ、O氏のこれまでの行いを糾弾する社員もいたという。

「芸能プロは親御さんから大切な子どもを預かる立場にある。それなのに、プロダクションの人間がタレントに手を出し、精神的に追い込んだとなれば、周りに示しがつきません。社内ではO氏の懲戒解雇を求める声が上がっていますが、まだ結論は出ていないようです」(同)

 それはそうと、「文春オンライン」の記事を見た他の芸能プロダクションはある一文に戦々恐々となっているという。文末にはこうあった。

「「文春オンライン」では、芸能プロダクションの問題についてなど、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または『文春くん公式』ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい」

 これは第2のO氏を探す動きだ。これをやられると、シャレにならない芸能プロダクションは数多い。テレビ関係者が明かす。

「社員やタレントに対する暴行、セクハラ、パワハラは日常茶飯事。社長が愛人を取締役に入れただの、タレントに枕営業を強要しただのなんて話はよく聞きます。株のインサイダー取引を行っている人もいる。O氏の記事を見て、感化された社員が文春に次々リークしたら、芸能界全体がとんでもないことになりますよ」

 芸能界の闇が暴かれるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/17 17:30

セクハラ、パワハラ、枕営業強要…芸能プロが恐れる第2のワタナベエンタ事件のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真