日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『モーニングショー』VS『報ステ』内紛

テレ朝で内紛勃発!? 『モーニングショー』VS『報ステ』、仁義なき“クレーム合戦”で局内も大混乱

文=小林真一(こばやし・しんいち)

テレ朝で内紛勃発!? 『モーニングショー』VS『報ステ』、仁義なきクレーム合戦で局内も大混乱の画像1
テレビ朝日

 テレビ朝日の看板番組として平日の視聴率を独占しているのが、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』と、夜の『報道ステーション』だ。

 とくに、『羽鳥慎一モーニングショー』は、朝の民放情報番組としては年間平均視聴率4年連続トップを独走している。さらに、2019年度は平均視聴率9.6%を獲得し、NHKも含めて全局首位という快挙を成し遂げた。

「『モーニングショー』は、番組開始当初、フリーになりたての羽鳥慎一アナの爽やかさで主婦層を狙った正統派の情報番組でした。ですが、レギュラーコメンテーターでテレ朝社員の玉川徹が好き勝手な過激発言を連発することで、ネットニュースで連日取り上げられる“炎上型番組”になってしまったんです。特に今年、新型コロナウイルスが話題となってからは、“コロナ女王”こと白鴎大学の岡田晴恵教授も加わって、視聴者によりウケていました。中には、斎藤ちはるアナに密かに癒される男性視聴者もいたようですが……ともかく、連日のように高視聴率を叩き出していたんです」(民放関係者)

 自粛ムードもピークに達していたゴールデンウィーク中の5月4日には、番組最高の14.1%の平均視聴率をマーク。最近はコロナの話題も減り、視聴率が10%を切る日もあるが、他局を圧倒する勢いは健在だ。

 ただし、局内ではこんな内紛も起こっているという。

「『モーニングショー』に対する局内での風当たりが強まっているんです。もともと玉川氏や岡田氏の過激発言や態度を疑問視する声はあったのですが、先日、アンジャッシュ渡部健の“多目的トイレ不倫”を連日報じた時、玉川氏は打ち合わせの段階から明らかに不機嫌で、『こんなくだらない話題をニュースとして取り扱うべきではない』と怒り心頭だったとか。そんな態度に、局内でも『何様のつもり?』と反発が起こっているようです」(前出の民放関係者)

 さらにテレ朝では、もう一つの看板番組『報道ステーション』でも大騒動が起こっていた。

「メインキャスターの富川悠太アナがコロナに罹患して休養に入ったり、週刊誌に家庭問題をスッパ抜かれてたりしても、『報ステ』の視聴率は夜のニュース番組ではダントツでした。ですが、富川アナは、家庭内での児童虐待疑惑が出たことで、今年10月での降板がすでに内定しています。そんなドタバタに、富川アナの先輩局員である玉川氏は飽きれ返っているようで、『報ステ』スタッフを小馬鹿にするような発言もしているとか」(民放関係者)

 ただし、『報ステ』スタッフからも、『モーニングショー』サイドへの反論があるようだ。

「玉川氏は、根拠もないのに感情的になって行政の批判をしたり、新型コロナの恐怖を過剰に煽ったりするきらいがある。一方の『報ステ』は、綿密な取材を重ねて事実を伝えることに使命感を持っていますから、玉川氏を良くは思っていないのは当然でしょう。両番組では、プロデューサー間でクレームの言い合いも起きているようです」(民放関係者)

 しばらくテレ朝では、局内のイザコザが続きそうだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/06/24 18:00

テレ朝で内紛勃発!? 『モーニングショー』VS『報ステ』、仁義なき“クレーム合戦”で局内も大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真