日刊サイゾー トップ > ライフ  > 【コンビニ限定】カップ麺の化学反応式3杯
5000食以上すすったカップ麺ライター激推し!

とみ田×二郎=まぜそば“三郎”が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】

文=オサーン

 お店で食べるラーメンは美味しいですが、手軽に食べられるカップ麺も負けていません。しかも、カップ麺商品であれば、全国の有名店同士がコラボした“最強”(?)の一杯も食べられます。今回は、6月にコンビニ各社限定で発売された有名店監修、コラボのカップ麺3杯をご紹介します。

【セブンイレブン】「とみ田」×「二郎」=まぜそば“三郎”が爆誕!

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像1
「中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば」(2020年6月15日発売)

 まずは、2020年6月15日に発売された、セブンイレブンで買える「セブンプレミアム 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば」246円(税込)。千葉県松戸市にある、言わずと知れた魚介豚骨の名店「中華蕎麦 とみ田」監修のカップ麺です。

ただし、このカップ麺は「中華蕎麦とみ田」の味を再現したわけではなく、「中華蕎麦とみ田」による“二郎インスパイア”の完全オリジナルメニューとなっています。とみ田のつけ麺でも、二郎のラーメンでもなく、まぜそばというオリジナリティ。

超人気店が超人気店をインスパイアするという奇跡を「週刊少年ジャンプ」に例えて説明するなら、麦わら一味のサウザンドサニー号に、なぜかルフィと一緒に竈門炭治郎が乗っているとか、ラオウと悪魔将軍が世紀末の覇権をかけて頂上決戦をするとか、それくらいすごいことです。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像2
麺量130gで大迫力の豚まぜそば

 二郎系の味を再現したニンニクを効かせた豚骨醤油味のタレがベース。塩気が強くかなり濃厚な醤油だれです。基本的には二郎系要素が強いタレですが、二郎系としては甘みが強めで、とみ田要素である魚介の旨みも感じられました。二郎:とみ田=7:3という感じで、二郎系というよりは“三郎”という感じでしょうか。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像3
強烈なキレの生ニンニク

 別添の生ニンニクは強烈で、辛味を伴うレベルでガツンときます。この商品で最大の二郎系要素でしょう。濃い味の醤油ダレや太い麺に対して対等以上に渡り合い、主役を張っていました。キレが鋭いわりには後に残らず、気になるお口の匂いへの配慮がある程度されているニンニクだと思われます。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像4
粉チーズでまろやかに

そしてもうひとつ、ふりかけとして粉チーズが入っています。二郎系の中にはカレーやチーズのトッピングを用意しているお店もありますが、今回の粉チーズは、チーズの味よりもたれやニンニクの味をまろやかにする効果がありました。

 たっぷり大盛の130g入った太くて縮れた麺、そしてチャーシューチップやキャベツがたくさん入っていて、力強い味だけではなく、ボリュームも楽しめます。二郎系のイメージにぴったりのガッツリ系。

 ゴリゴリの二郎インスパイアの味を期待したり、もしくはとみ田の濃厚魚介を求めて食べると多少期待ハズレになってしまうかもしれませんが、生ニンニクなど二郎らしさの中に、ほのかにとみ田要素を感じられる、カップ麺ならではの楽しい一杯でした。カップ麺だからこそ成立する異色のタッグ商品です。

【ローソン】「麺屋武蔵」×「新宿中村屋」=ラーメンとカレーの“異種交流戦”で生まれた麻婆カリー麺

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像5
ローソン「麺屋武蔵×新宿中村屋 麻辣カリー麺」(2020年6月23日発売)

 続いては、ローソン限定で2020年6月23日に発売された、「麺屋武蔵×新宿中村屋 麻辣カリー麺」318円(税込)。東京・中野の「青葉」や、横浜の「くじら軒」とともに、オープンした年から“96年組”と呼ばれ、現在のラーメン文化の礎を築いたと言われる東京・西新宿の名店「麺屋武蔵」と、クリームパン発祥のお店としても知られる、カレーでおなじみの洋食の名門「新宿中村屋」の、異色すぎるコラボカップ麺です。どちらも新宿のお店という共通項があります。

「麺屋武蔵」の一斉を風靡した動物&魚介のWスープと、「新宿中村屋」のカレーのスパイス感をかけ合わせた「麻辣カリー麺」とのこと。「麺屋武蔵」と「新宿中村屋」の異種格闘技戦――もしくは、「龍が如く」よろしく、新宿を舞台にしたカップ麺界の仁義なき抗争でしょうか。勝つのはWスープか、カレースパイスか。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像6
スープ表面が真っ赤に染まっている

 まず目を引くのは、真っ赤に染まったスープ表面。これはXO醤や唐辛子由来で、決して抗争によって流れた血ではありません。見た目かなりの激辛を想像させますが、スープだけならそこまで辛くはなく、せいぜい中辛~辛口程度でしょうか。

「麺屋武蔵」の鶏と鰹のWスープ、「新宿中村屋」のカレーの味も確かに感じられますが、どちらも主役を張ろうとするような強い意志は感じられません。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像7
「特製スパイス」に入った花椒のシビレが強烈!

 味を牽引しているのは「特製スパイス」に入った花椒で、これはかなり強烈。強いシビレによって、辛さが2段、3段引き上げられて、激辛スープのように感じられます。

 スパイス全開にして強烈なシビレを感じるも良し、ほどほどに入れてWスープやカレーの味を楽しむも良し。いろんな食べた方が楽しめそうです。個人的には、スパイスを全部入れてシビレが強くなった中で、麺屋武蔵の鶏や魚介の味がほのかに感じられるという重厚な味が気に入りました。

【ファミマ】「来来亭」×エースコックの「きみまろペースト」=“まぜそばR”を忠実再現!?

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像8
ファミリーマート「来来亭 まぜそば」(2020年6月30日発売)

 最後に紹介するのは、ファミリーマート限定で2020年6月30日に発売された「来来亭 まぜそば」248円(税込)。滋賀県野洲市に本店があり、全国にチェーン展開する背脂たっぷりの京都ラーメンのチェーン店です。

「来来亭」監修のカップ麺は、ファミマの定番商品のひとつ。お店と同様背脂がたっぷりで、こってりしていてとてもおいしいのですが、今回はお店の人気メニュー「まぜそばR」を再現しており、スープがないので、これまでの「来来亭」カップ麺とは毛色がだいぶ違っています。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像9
大盛の太麺で食べ応え十分のまぜそば

「来来亭」の特徴である背脂は入っていませんが、豚脂をはじめとする油脂がたっぷり入っていて、醤油味も強め。ほんのりと鶏ガラの存在も感じられ、ある程度は来来亭のいつものラーメンの味を踏襲しています。全体的ちょっと塩気が強いのも通常運転で、塩分が気になる方は注意が必要かもしれません。

とみ田×二郎=まぜそば三郎が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】の画像10
鰹節の入ったふりかけと卵黄風きみまろペースト

 そして今回の商品の大きな特徴は、まぜそばに入っていることの多い卵黄を、製造元のエースコックの他商品でも使われることのある「卵黄風きみまろペースト」で再現しているところです。タレが多少塩辛いですが、このきみまろペーストと一緒に食べると、塩気が多少やわらかくなります。タレの味が濃いので、自分で卵黄を用意して入れてしまっても良いかもしれませんね。

 また、ふりかけとして鰹節のパウダーが入っているので、来来亭の味に引っ張られがちなタレを、グッとまぜそば方面に引き寄せています。来来亭の味をきちんと引き継ぎつつ、まぜそばらしさも感じられる美味しい一杯でした。

 コンビニでは、有名店の監修、コラボしたカップ麺が続々と登場し、まさに選り取りみどりです。こうしている間にも、また新たな商品が爪を研いでこっちを見ています。次はどんなものに巡り会えるのか、とても楽しみです。

オサーン

オサーン

カップ麺ブロガー&ライター。ブログで10年以上、3000食以上のカップ麺新商品をレビューしています。@ossern「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」

最終更新:2020/07/05 13:00

とみ田×二郎=まぜそば“三郎”が爆誕!? カップ麺の化学反応式、有名店豪華コラボ商品3杯!【コンビニ限定】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真