日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『M』の目論み外れたエイベックス

エイベックスの目論み外れた『M愛すべき人がいて』 安斉かれんの売り出しに失敗…得をしたのは田中みな実だけ

文=田中七男

エイベックスの目論み外れた『M愛すべき人がいて』 安斉かれんの売り出しに失敗…得をしたのは田中みな実だけの画像1
珍奇な演技で存在感を見せた田中みな実。

 なにかと話題を振りまいた、安斉かれん&三浦翔平主演のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が4日に最終回を迎えた。

 視聴率は初回、第2話こそ5%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)を超えたものの、第3話以降は3~4%台をウロウロ。最終回(第7話)は4.8%で、全話の平均は4.7%となり、数字的にイマイチ伸び悩んだ。伊集院光など一部芸能人がテレビやラジオで褒めそやしていたが、大きな話題になったというよりも、ひそひそと噂をされる程度の結果となった。

 同ドラマは歌手・浜崎あゆみの誕生秘話と、エイベックス・松浦勝人会長(当時専務)との出会いや別れを描いた作品で、主人公のアユ役にはエイベックス所属の新人歌手・安斉が抜擢を受けたが、話題になるのは、その“棒演技”ぶりばかり。このドラマがきっかけで、本業のCDのセールスが伸びた様子はなかった。同社にとっては、安斉の“売り出し”が最大の目的だったはずだが、その目論みは大きく外れてしまったといってよさそうだ。

 逆に、得をしたのは、なんといっても田中みな実だ。田中はマサ専務(三浦)に執着する眼帯秘書・礼香役を演じたが、その怪演ぶりで、話題もちきりとなった。ラブシーンも連発して、演技の幅を広げたといえるかもしれない。

 これまで、田中は『絶対正義』(フジテレビ系、19年1月期)、『モトカレマニア』(同、同10月期)に出演。連ドラにレギュラー出演するのは、これが3度目だったが、“女優”として確固たるポジションを確立した。今後、各局からオファーが殺到する可能性も十分で、田中にとっては、大いに収穫のあった作品となった。

 あるいみ “話題賞”となった『M 愛すべき人がいて』だが、結果を見ると田中が安斉に、タレントとしての格の違いを見せつけただけと言えるだろう。

最終更新:2020/07/08 22:15

エイベックスの目論み外れた『M愛すべき人がいて』 安斉かれんの売り出しに失敗…得をしたのは田中みな実だけのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

麒麟・川島の塩と手榴弾

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真