日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 見直される国分のタレントパワー

『グッとラック!』低迷で改めて見直されるTOKIO・国分太一の“タレントパワー”

文=日刊サイゾー

TOKIO・国分太一

 先日、「2020年上半期の番組出演本数ランキング」が発表され、2014年から6連覇中だったTOKIO・国分太一は14位となった。

 14年にスタートした『いっぷく』から、『白熱ライブ ビビット』『ビビット』とTBSの“朝の顔”として番組に出演していた国分だが、19年9月で番組終了したことで大幅ダウンとなったようだ。しかし、TBS局内では改めて、国分のタレントパワーが見直されているという。

「落語家の立川志らくさんがメンキャスターを務める『グッとラック!』(TBS系)はスタートから約10カ月経ちますが、なかなか視聴率が上向きにならない。コロナの影響でステイホーム期間は、報道や情報番組に注目が集まったこともあって、多少、数字は上乗せされましたが、まだ2%台と低迷してしまっている。国分さんがMCだった『ビビット』は低迷が原因で打ち切りになりましたが、それでも日によっては4%に届くこともあったので、局内では『何だかんだ言っても国分さんはすごかった』との声が聞かれています」(業界関係者)

 そもそも朝の番組というのはかなり難しいものだという。

「朝というのは忙しい時間帯ということもあって、生活パターンの中に組み込まれているケースが多く、視聴習慣が決まっていると言われている。新番組が始まっても、チャンネルを合わせるということはなかなか起きにくい。『ひるおび!』は高視聴率なので、そこでコメンテーターを務める志らくさんがダメということではない。むしろ、苦戦が当然の中で、3~4%くらいまで数字を持って来れた国分さんがすごかったということなんです。もちろん、ギャラもそれなりでしたが(笑)」(前出・業界関係者)

 帯番組がなくなっても14位をキープしているところが、国分の地力の高さを表していると言えそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/09 18:00

『グッとラック!』低迷で改めて見直されるTOKIO・国分太一の“タレントパワー”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

北条時房の“コミュ力”と兄・義時との関係

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真