日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 見直される国分のタレントパワー

『グッとラック!』低迷で改めて見直されるTOKIO・国分太一の“タレントパワー”

文=日刊サイゾー

TOKIO・国分太一

 先日、「2020年上半期の番組出演本数ランキング」が発表され、2014年から6連覇中だったTOKIO・国分太一は14位となった。

 14年にスタートした『いっぷく』から、『白熱ライブ ビビット』『ビビット』とTBSの“朝の顔”として番組に出演していた国分だが、19年9月で番組終了したことで大幅ダウンとなったようだ。しかし、TBS局内では改めて、国分のタレントパワーが見直されているという。

「落語家の立川志らくさんがメンキャスターを務める『グッとラック!』(TBS系)はスタートから約10カ月経ちますが、なかなか視聴率が上向きにならない。コロナの影響でステイホーム期間は、報道や情報番組に注目が集まったこともあって、多少、数字は上乗せされましたが、まだ2%台と低迷してしまっている。国分さんがMCだった『ビビット』は低迷が原因で打ち切りになりましたが、それでも日によっては4%に届くこともあったので、局内では『何だかんだ言っても国分さんはすごかった』との声が聞かれています」(業界関係者)

 そもそも朝の番組というのはかなり難しいものだという。

「朝というのは忙しい時間帯ということもあって、生活パターンの中に組み込まれているケースが多く、視聴習慣が決まっていると言われている。新番組が始まっても、チャンネルを合わせるということはなかなか起きにくい。『ひるおび!』は高視聴率なので、そこでコメンテーターを務める志らくさんがダメということではない。むしろ、苦戦が当然の中で、3~4%くらいまで数字を持って来れた国分さんがすごかったということなんです。もちろん、ギャラもそれなりでしたが(笑)」(前出・業界関係者)

 帯番組がなくなっても14位をキープしているところが、国分の地力の高さを表していると言えそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/09 18:00

『グッとラック!』低迷で改めて見直されるTOKIO・国分太一の“タレントパワー”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真