日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人・原監督「非常采配」の原点

澤村拓一を公開説教した巨人・原監督「非常采配」の原点は、あの歴史上の人物にあり!?

文=日刊サイゾー

読売ジャイアンツ・原辰徳監督

『週刊新潮』(新潮社)が報じた賭けゴルフ疑惑報道もまったくダメージがないほど、「読売巨人軍の総大将」としての威厳を見せつけているのが、巨人の原辰徳監督だ。

 7月4日の中日戦に勝って、監督通算1034勝をマークし、巨人の監督としては歴代2位だった長嶋茂雄終身名誉監督と並ぶこととなった。

「7月14日発売の『FLASH』(光文社)では、1日のDeNA戦でふがいない投球をした澤村拓一投手をベンチで『公開説教』している写真を掲載。原監督は説教の後で微笑みを浮かべるときが一番怖く、過去にその顔を見た久保裕也や脇谷亮太は、選手として潰れてしまったとのエピソードを紹介し、それがギリシャ神話のメデューサのようだと表現しています」(スポーツライター)

 澤村も、さぞかし震え上がっていたことだろう。そんな原監督の非常采配は、ある「歴史上の人物」への傾倒にあるという。前出のスポーツライターが続ける。

「先日、野球評論家の江本孟紀氏が上梓した『監督 原辰徳研究 この「名将の器」に気付かなかった面々へ』(徳間書店)に、そのヒントが記されています。原監督は現役引退後、視野を広げるために、読書に明け暮れ、その時に中国の歴史書『三国志』を熟読していたそう。中でも曹操孟徳には憧れを持ったといい、江本氏との対談では、『巨大戦力によって絶対的な地位を築き上げて、残酷かつ冷淡で手段を選ばない』『天下を取るなら、自分にも周りにも徹底的に厳しくないといけないんだな』と思ったと明かしています」

 そう考えると、澤村への公開説教も、メデューサというより、「相対する敵にひるんだ武将を叱責する曹操の図」に見えてくる?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/16 10:00

澤村拓一を公開説教した巨人・原監督「非常采配」の原点は、あの歴史上の人物にあり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真