日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンサング~』成田凌の正体が判明

『アンサング・シンデレラ』成田凌演じる“謎の男”の正体が判明…薬局薬剤師が抱える苦悩とは?

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第3話が、今日7月30日22:00~放送される。病院の“縁の下の力持ち”ともいえる「病院薬剤師」にスポットライトを当てた『アンサング・シンデレラ』。第2話では、薬を通して結ばれる父娘の絆について描かれた。今回は、第3話のあらすじと見どころについて紹介していく。

【第3話あらすじ】
 ある日、主人公・葵みどりが働く萬津総合病院に小学校教師・新田奏佑(浅利陽介)が緊急搬送されてくる。意識を取り戻した新田は、医師から入院を告げられるも断固として拒否。みどりが説得するも、新田は納得がいかない様子だった。みどりと相原くるみ(西野七瀬)が普段服用している薬を尋ねたところ、新田は大量の薬を出す。その中には半分に割られて処方された錠剤もあり、錠剤を割る処方は、その薬剤では行ってはいけないものだった。

 新田に対するずさんな処方に、憤りを隠せないみどりたち。すぐさまドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるも取り合ってもらえず、みどりは直接ドラッグストアに足を運んだ。すると、薬剤師を探すみどりに声をかけたのは、以前『娘娘亭』で声をかけてきた小野塚綾(成田凌)。「親が薬剤師で」と話していた小野塚は、実は自分自身が薬剤師だったのだ。薬剤師であることを隠していたことや、新田の薬について問い合わせた際に電話応対したのも小野塚であったことを知り、腹を立てるみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師に対して思うことがあるようで……。

 第3話の見どころは、“病院薬剤師と薬局薬剤師の相互理解”。

 薬局薬剤師であることを隠していた小野塚は、みどりと『娘娘亭』で初めて出会った際に「なんで病院薬剤師になろうと思ったんですか?薬局の方が気楽そうだし、給料も高いし」といった話を振っていた。「昔から病院薬剤師になることが夢だった」と答えるみどりに「へぇ、なんかいいですね」と返すも、意味深な表情を浮かべていた。

 薬局薬剤師と、病院薬剤師。同じ薬剤師でもどこで働くかによって業務内容は大きく異なるようだ。しかし、働く場所は違えど「患者の力になりたい」という思いは共通しているはず。薬局薬剤師はどんな苦悩を抱え、どうやって病院薬剤師と分かり合っていくのだろうか。今夜の放送を楽しみに待ちたい。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/07/30 15:30

『アンサング・シンデレラ』成田凌演じる“謎の男”の正体が判明…薬局薬剤師が抱える苦悩とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

特殊効果の神が生んだディストピア映画

 映画ジャンルのひとつに、「地獄めぐり」があ...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真