日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『フリースタイルティーチャー』ついにバトルスタート!

『フリースタイルティーチャー』ついにバトルスタート! ゆりやんの絶品ビートアプローチ、カミナリたくみのNOコンプラな「枕営業」ディス!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『フリースタイルティーチャー』ついにバトルスタート! ゆりやんの絶品ビートアプローチ、カミナリたくみのNOコンプラな「枕営業」ディス!?の画像1
『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)

 8月12日に『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)が放送された。ラッパーが芸人をレクチャーする特訓のフェーズは前回で終了。今回からは、いよいよ芸人同士のMCバトル総当たり戦がスタートする。

体重“110kg”を“百獣”の王で踏むゆりやんレトリィバァ

 バトルのルールは、前番組『フリースタイルダンジョン』とほぼ同じだ(判定が全員一致だと即勝利確定となる「クリティカル」はなし)。ジャッジを務めるのは、いとうせいこう、LiLy、AKLOの3人。それにしても、審査員として登場するせいこうとLiLyの姿を見るのは久々である。ダンジョンを思い出して、否応なしにテンションは上がる。

 第1試合はレイザーラモンRG(ティーチャー:輪入道) VS ゆりやんレトリィバァ(ティーチャー:TKda黒ぶち)の一戦。実は、立命館大学卒と関西大学卒の高学歴対決でもある。「輪入道さんと同じにしてきました!」と公開したRGのヘアスタイルは師弟の絆を感じさせたが、それよりもキャップを取ったTKのアフロヘアにびっくりしてしまった。早くも火花バチバチだ。RGが取った戦法は、ゆりやんを自分の妹に見立てたラップだった。

「お前 痩せたことにより 俺の妹ソックリになっちゃってる
 妹ソックリ そして 俺の妹も『ゆり』って言うんだ
 ゆり 今日はゆりだと思ってやらせてくれ」

「お前いつも 俺みたいな奴とミニコントしてくれてありがとう
 お前が でも ミニコントするのはRGじゃねぇ
 海外に行ってジャスティンとやってこい ジャスティン・ビーバーと」

 自分の妹と対話するスタイルを仕掛けるRGに、ゆりやんは全く付き合わない。

「ゆりじゃねぇ 私はゆりやんレトリィバァ
 まさにMIC持って ディーバ
 いいか 今はじゃねぇ
 まさにアクリル板のリモートの時代
 元々あった110の体重 落とし 今じゃ百獣の王
 つまりキング お前は天狗 納めろよ年貢を」

 ゆりやんが上手くてびっくりした。要所要所で声色を変えているし、「妹」を「リモート」で返すアドリブ力も凄い。ちゃんと即興で韻が踏めているのだ。何より、ビートアプローチが素晴らしい。4人の芸人の中で、最もリズム感があるのは彼女だった。

 対するRGは全く韻が踏めていないし(踏もうともしていない?)、相手を全くディスっていない。輪入道の熱い部分を模倣しすぎな気がする。あと、「ゆりやんレトリィバァ」と踏むために言ったはずの「ジャスティン・ビーバー」も、結局は踏まずじまいだった。ただ、RGは2ラウンド目の終盤が光っていた。

「輪入道さんの髪型
 前は刈って 細川たかし
 細川たかし&輪入道
 お前の前にいるのは 細川入道
 演歌とラップ 繋げるのは
 全部架け橋 俺が矢切の渡し
 お前を絶対 闇に放り込む
 ここはHIP HOP界の北酒場」

「演歌とラップ 繋げるのは私」は完全にパンチラインだ。細川入道から北酒場のつなぎもアツい。もしかしたら、「闇に放り込む北酒場」は「墓場」で踏むことができたかもしれない。

 結局、このバトルは覚醒したゆりやんの勝利で終わった。RGを圧倒したと言ってもいい。もしかしたら彼女、どこか小箱のイベントなら優勝できるかもしれない。風格さえ感じさせたほどだ。

ついに下ネタを解禁した紺野ぶるまのフリースタイル

 第2試合は紺野ぶるま(ティーチャー:DOTAMA) VS カミナリ・石田たくみ(ティーチャー:KEN THE 390)という顔合わせ。アンサー型のたくみに対し、ぶるまは「余裕で先攻です!」と必ず先手を取りに行く。仕込んできたネタを存分にたくみへぶつける作戦なのだろう。

 しかし、いかんせん、たくみが上手すぎた。1ラウンド目のビートがNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの「STILL SHININ’」だとわかると「クサレ外道 光浴びて」と歌詞からサンプリングするHIP HOP偏差値は見事! 圧倒的だ。

 2ラウンド目に入ると、遂にぶるまが下ネタを解禁した。

ぶるま 「あんたは【コンプラ】小せぇ カミナリたくみ
     相方のまなぶがいなくて何も出来ないと ここで学ぶ
     どつき漫才は犯罪です」

たくみ 「犯罪じゃねぇ 漫才だな
     何も分かってねぇ ただの女
     お前 言ったな【コンプラ】
     自分にあるものをネタにしろ
     お前がやってんのは 無い物ねだり
     自分にあるものをネタにするのが等身大の自分だろ」

 ツッコミで鍛えたアンサー力を発揮するたくみ。「チンコ小せぇ カミナリたくみ」というディスに「自分にあるものをネタにするのが等身大の自分」と返した箇所はパンチラインだった。そのまま、たくみはツッコミ力を生かしたディスを放ち始める。

たくみ 「分かってねぇな 紺野ぶるま
     運動会みてぇなラップしてんな」

ぶるま 「運動会なら穿いてきた ブルマ」

 自らスカートをまくり上げると、本当にブルマを穿いて来ているぶるま。使えるものは何でも使おうとする姿勢は、まさにフリースタイルだ。ここから繰り出したのは、以下のライムだった。

「どつき漫才 犯罪なら裁判
 私はハンケツ 焦らして その辺の男を傍聴させる」

 ブルマを見せて、半ケツ(判決)で男たちの股間を膨張(傍聴)させるという、ぶるまならではの下ネタパンチライン。彼女お得意のチンコ謎掛け「裁判とかけましてチンコと解きます。その心は、どちらも“はんけつ”想像して“ぼうちょう”するでしょう」からの引用である。芸風を生かしたダブルミーニングは見事! しかし、用意してきたものを出そうとしすぎるきらいもある? 対するたくみの切り返しは辛辣だった。

「ていうか ラップ好きのイメージが全くねぇのに
 フリースタイルティーチャーに出てる理由がさっぱり分かんねぇ
 お前 やってたよな 前の番組の前説 おそらくそれの癒着
 お前がやってんのは 枕営業
 ブルマちらつかせてる お前に明日はねぇぞ」

 エグい。っていうか、「枕営業」にコンプラは入らないんだな……。ツッコミをそのままビートに落とし込むたくみのスタイルは、ボキャブラリーの豊富さも相まって無双状態。ぶるまも頑張ったが、たくみが強すぎた。このバトルは、たくみが勝利した。

 2試合を見て感じたのは、やはりたくみが頭1つ抜けているということ。10年来のヘッズ感がビシビシ伝わってくる。茨城訛りをうまく使えているのもいい。冗談抜きで、「戦極 MC BATTLE」辺りからオファーが来てもおかしくない気がする。

 他の3人も良かった。ぶるまは練習のときより断然うまいし、RGは面白かった。ゆりやんのビートアプローチとアンサー力は素人とは思えないレベル。1カ月の特訓で、こんなに上手くなるものなんだな……。正直、想定していたより遥か上のレベルだった。畑違いとは言え、言葉を商売にしている芸人だから伸びしろが凄い。4人を見ていると、キャラクターの成長を追いかけるスポ根漫画と同じ感慨があった。

 次回のバトルは、ゆりやん VS ぶるまRG VS たくみの2試合だ。同性同士の組み合わせも楽しみ! そして、次々回に行われるであろう一戦、たくみ VS ゆりやんは事実上の決勝戦である。本当は、ティーチャーとスチューデントが組んだ2 vs 2のバトルも見てみたかったが……。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/08/18 15:00

『フリースタイルティーチャー』ついにバトルスタート! ゆりやんの絶品ビートアプローチ、カミナリたくみのNOコンプラな「枕営業」ディス!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真