日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 『不協和音』が反中の代名詞に⁉

香港の民主活動家・周庭氏の発言で欅坂46『不協和音』が“反中ソング”の代名詞に⁉

文=日刊サイゾー

欅坂46『不協和音』

 国境を越えて力を与えていたのは嬉しいことだが……。

 8月10日に香港国家安全維持法違反の容疑で逮捕した民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏が、11日夜に保釈された。周氏は外国勢力と結託して国家安全に危害を加えた疑いをもたれていたという。

「周氏は2014年の大規模デモ『雨傘運動』に参加して『民主の女神』と呼ばれています。日本語が流ちょうでたびたび日本を訪れ、香港の民主化を訴えていました。すでに2019年のデモに参加した罪で有罪判決を受けており、12月にも量刑が言い渡される見通し。当局にパスポートを押収され、当面は香港外への渡航が制限されるようです」(週刊誌記者)

 周氏の逮捕を受けて、日本でも早期の保釈を求める声が出ていたが、とりわけ彼女が釈放後の会見で語ったワードに反応にしているのがファンだ。

「周氏は『これまでで最も怖かった』と話していますが、拘束されている時にずっと欅坂の楽曲『不協和音』の歌詞がずっと頭の中でかかっていたと明かしました。周氏は日本の音楽やアニメのオタクで、その影響で日本語がペラペラになったという才女で努力家。民主運動の初期の頃から欅坂ファンであることを語っていました」(アイドル誌編集者)

 欅坂ファンからは「自分も苦しかったとき、脳内に不協和音流れてた」「戦う人の背中を押す曲」「がんばってほしい」と周氏を応援する声が飛び交う一方で、「外国勢力=欅坂ってことになるじゃねーか」「ここで名前が出るのはいいことなのか…」と心配している人もいるようだ。

「中国では、日本では閲覧不可能な欅坂のあらゆる動画を見ることができます。周氏の発言を受け、今後、中国や香港で『不協和音』が反戦歌と思われたり、デモ隊ソングの扱いにされたりする恐れもある。メディアで流してはいけない『放送禁止ソング』にもなる可能性も否定できませんから、ファンが不安になるのもわかります」(前出・アイドル誌編集者)

 欅坂46が「反中」の代名詞になる⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/13 12:00

香港の民主活動家・周庭氏の発言で欅坂46『不協和音』が“反中ソング”の代名詞に⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真