日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 長沢菜々香が反撃も再ブーイング

卒業2カ月で婚約…元欅坂46・長沢菜々香が誹謗中傷に「反撃」も再ブーイング

文=日刊サイゾー

欅坂46公式サイトより

「ファン」は困惑顔を浮かべるしかないようだ。

 7月28日、元欅坂46・長沢菜々香の公式サイトが更新され、SNSでの誹謗中傷に対して、刑事訴訟を視野に捜査を始めたことを明かした。

「同サイトによれば、長沢に対して、SNSなどで誹謗中傷や法律に違反している内容のものが書き込まれているそう。そのため、刑事訴訟となり得る案件から警察に捜査を依頼しているとし、民事訴訟につながるものに関しても適宜対応していくと発表しています。

 長沢といえば、6月6日に『文春オンライン』にてIT社長と半同棲中だと報じられ、その日のうちに自身のインスタグラムで『一般男性と結婚を前提のお付き合い』『8月には入籍する予定』と報告しています。そのことで、裏切られたと感じた“かつてのファン”たちから攻撃を受けていたと思われます」(芸能ライター)

 しかし、長沢の「反撃」には納得がいかない人も多いようで、ネット上では誹謗中傷はダメだとしながらも、「ファンの方を大切にしていれば批判は少なかったのでは」「本人に確実に原因がある」などと再ブーイングが飛び交っている。

「欅坂を卒業してから2カ月ほどでの婚約発表ですからね。長沢本人は卒業後に交際したと弁明していましたが、その時期はコロナで自粛期間中ですから、卒業後に付き合ったというのは苦しい言い訳にしか聞こえない。文春にバレたから渋々公表したと見るのが自然でしょう。

  また、サイトのタイトルが『ファンの皆様へ』となっていることにも違和感を覚えた人もいるようです。批判をしている大半はアンチであって、これだと応援し続けている人にも警告を発しているように受け取れますからね」(前出・芸能ライター)

 欅坂の卒業組では、志田愛佳にも先日、人気YouTuberとの“通い愛”が発覚。鈴本美愉もYouTubeで彼氏がいたことを明かしている。現役組のイメージを守るためにも、欅坂がグループの改名に踏み切ったのも当然か……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/30 01:19

卒業2カ月で婚約…元欅坂46・長沢菜々香が誹謗中傷に「反撃」も再ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

大林監督の遺作『海辺の映画館』

 人は息を引き取る直前に、その生涯が走馬...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真