日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > あいみょんで放送禁止歌に注目

あいみょんのお蔵入り「犯罪曲」告白で気になる有名歌手たちの“放送禁止歌”

文=日刊サイゾー

あいみょん

 発表されれば「放送禁止歌」入りは確実?

 8月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にシンガー・ソングライターのあいみょんが、同局の水卜麻美アナと対談。そこで飛び出したお蔵入りしている楽曲についての発言が話題を呼んでいる。

「あいみょんは月に約10曲制作し、約400曲のストックがあるそう。彼女は思い付いた言葉が全てで、リリースできないような歌詞であっても書き直さずに楽曲を作り切ってしまう性分のため、お蔵入りの楽曲も多いのだとか。それを聞いた水卜アナが、『汚い言葉ですか、下ネタですか』と確認すると、あいみょんは『汚いとかじゃない。法を犯している』と衝撃告白。ちなみに、楽曲の曲名は『ココア』だそうです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「クスリ?」「盗み?」と予想祭りとなっているが、中には「盗んだバイクで走りだしたのか?」と尾崎豊の名曲が頭をよぎった人も多かったようだ。

 これまでも多くの有名アーティストの楽曲が、不適切な表現、人権侵害、反社会的などさまざまな理由で、放送に適さないと「放送禁止歌」と判断されたケースがあった。音楽ライターが言う。

「1994年に桑田佳祐が発表した『すべての歌に懺悔しな‼』は〈儲かる話とクスリにゃ目が無い〉〈ドラマの主役にゃ燃えている〉のフレーズが長渕剛を揶揄したのではないかと騒動に。その長渕が02年にアフガン戦争をテーマに発売した『静かなるアフガン』は、歌詞の中の『アメリカが育てたテロリスト』といった過激なアメリカ批判フレーズで放送禁止となっています。ウルフルズの大ヒット曲『ガッツだぜ‼』は〈モテたい、ハメたい〉がアウトとなり、紅白では〈モテたい、ホレたい〉に変更されました。Mr.Childrenの名曲『名もなき詩』も歌詞の一部に放送問題用語があるとの指摘を受け、そのフレーズを『言葉では足りん』と差し替えた曲を収録したCDを作成しています」

あいみょんは、「法を犯した」その楽曲を水卜アナに送ると語っていたが、ぜひ『スッキリ』の『クイズッス』のコーナーで出題して正解を教えてもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/13 18:00

あいみょんのお蔵入り「犯罪曲」告白で気になる有名歌手たちの“放送禁止歌”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風...…
写真