日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > あいみょんで放送禁止歌に注目

あいみょんのお蔵入り「犯罪曲」告白で気になる有名歌手たちの“放送禁止歌”

文=日刊サイゾー

あいみょん

 発表されれば「放送禁止歌」入りは確実?

 8月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にシンガー・ソングライターのあいみょんが、同局の水卜麻美アナと対談。そこで飛び出したお蔵入りしている楽曲についての発言が話題を呼んでいる。

「あいみょんは月に約10曲制作し、約400曲のストックがあるそう。彼女は思い付いた言葉が全てで、リリースできないような歌詞であっても書き直さずに楽曲を作り切ってしまう性分のため、お蔵入りの楽曲も多いのだとか。それを聞いた水卜アナが、『汚い言葉ですか、下ネタですか』と確認すると、あいみょんは『汚いとかじゃない。法を犯している』と衝撃告白。ちなみに、楽曲の曲名は『ココア』だそうです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「クスリ?」「盗み?」と予想祭りとなっているが、中には「盗んだバイクで走りだしたのか?」と尾崎豊の名曲が頭をよぎった人も多かったようだ。

 これまでも多くの有名アーティストの楽曲が、不適切な表現、人権侵害、反社会的などさまざまな理由で、放送に適さないと「放送禁止歌」と判断されたケースがあった。音楽ライターが言う。

「1994年に桑田佳祐が発表した『すべての歌に懺悔しな‼』は〈儲かる話とクスリにゃ目が無い〉〈ドラマの主役にゃ燃えている〉のフレーズが長渕剛を揶揄したのではないかと騒動に。その長渕が02年にアフガン戦争をテーマに発売した『静かなるアフガン』は、歌詞の中の『アメリカが育てたテロリスト』といった過激なアメリカ批判フレーズで放送禁止となっています。ウルフルズの大ヒット曲『ガッツだぜ‼』は〈モテたい、ハメたい〉がアウトとなり、紅白では〈モテたい、ホレたい〉に変更されました。Mr.Childrenの名曲『名もなき詩』も歌詞の一部に放送問題用語があるとの指摘を受け、そのフレーズを『言葉では足りん』と差し替えた曲を収録したCDを作成しています」

あいみょんは、「法を犯した」その楽曲を水卜アナに送ると語っていたが、ぜひ『スッキリ』の『クイズッス』のコーナーで出題して正解を教えてもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/13 18:00

あいみょんのお蔵入り「犯罪曲」告白で気になる有名歌手たちの“放送禁止歌”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

北村匠海がとんかつDJに

 集英社「少年ジャンプ+」で2014~17年まで連載されたWeb漫画『とんかつDJ...
写真