日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > あいみょん尾崎世界観に面倒な未来

あいみょんと尾崎世界観の熱愛発覚にファンは前向き祝福も…2人を待つのは面倒くさい未来か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

あいみょん

 シンガーソングライターのあいみょんとロックバンド・クリープハイプのボーカル&ギター担当・尾崎世界観が交際中であると6月25日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が報じた。記事では尾崎があいみょんのマンションを訪れる様子が伝えられているほか、2ショット写真も掲載されている。

「あいみょんは、今いちばん売れている女性アーティストですし、久々の大物ミュージシャンカップルといった感じです」(音楽業界関係者)

 このカップルに対して、ネット上では「激エモじゃん」「最高やん」「すごい納得できる組み合わせ」などと、比較的前向きな反応が多い。

「クリープハイプもあいみょんも、若い世代に人気で、両方が好きだという音楽ファンも多いのでしょう。いずれも必ずしもルックスで売っているわけではなく、アイドルのように疑似恋愛の対象となるタイプのアーティストでもないので、熱愛情報にも寛容なのだと思います」(同)

 しかし、あいみょんの男性ファンについてはまた違った反応もありそうだという。

「女性シンガーソングライターについている男性ファンは、いわゆる”厄介タイプ”も少なくない。それこそ『この曲は俺のために書いた曲だ』なんて勘違いしてしまうようなファンがいるのも事実です。あいみょんにはそういったファンはそこまで多くはないだろうけど、初めての熱愛報道で一部の過激なファンを刺激することにならなければいいのですが……」(週刊誌記者)

 今回の熱愛報道が、今後の2人の活動にどんな影響を与えるのだろうか。

「海外のミュージシャン同士のカップルだと、普通に2人でメディアに出てくることも珍しくないし、自分たちの恋愛をネタに曲を作ることもよくあります。でも、あいみょんと尾崎世界観については、海外セレブ的みたいに明け透けな感じでもないし、どちらかというと内省的なイメージなので、熱愛についてネタにするようなこともないと思います。つまり、これまでとあまり変わりがないということ。ただ、音楽フェスや音楽番組なのでの共演はNGとなる可能性が高い。そういったところで、多少気を揉んでいる関係者はいるでしょう」(同)

 また、楽曲制作に対しても、多少の影響はありそうだ。

「当然恋愛の曲も多いので、リスナーたちに相手の顔を想像されながら聞かれることになるわけです。人気ミュージシャン同士の恋愛だから、相乗効果が期待されて、作品に対するハードルも高くなるかもしれない。そういったところは、本人たちにとっては面倒くさいかもしれないですね」(前出・音楽業界関係者)

 祝福ムード漂うあいみょんと尾崎世界観との熱愛報道だが、本人たちにしてみれば、そっとしておいてほしいといったところだろうか。

最終更新:2019/06/27 21:58

あいみょんと尾崎世界観の熱愛発覚にファンは前向き祝福も…2人を待つのは面倒くさい未来かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真