日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 滝沢派とジャニー派にファンが分裂

“タッキー派”と“旧ジャニー派”にファンが分裂! Snow ManとSixTONES登場でジャニーズ配信ライブが大荒れ

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

スノストの登場にJr.ファンから罵詈雑言!

 このサプライズ演出に喜びの声をあげるファンもいる一方、不快感を露わにする声も。ネット上では「Jr.祭りっていってるのに、なぜデビュー組が出るの?」「スノストファンはよろこんでるけど、こっちは8.8の悲劇を思い出してつらい」といった批判も見受けられた。

 今回の配信ライブに出演したJr.たちは、去年8月のコンサートでデビューできなかった少年たちだ。デビューという勝ち星をあげたスノストが、負け組の舞台に乱入してきた……と言っても過言ではない。熱心にJr.を応援しているファンからしてみれば、複雑な気持ちになって致し方ないだろう。

 デビューできずにいるJr.の中には、ジャニーさんが最晩年にかわいがったHiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍などが顔を揃えている。彼らはジャニーさんの家に遊びに行ったり、稽古の合間にいっしょに遊んだエピソードをメディアでも盛んに公言しており、「旧ジャニー派」と言ってもいいだろう。

 一方、SixTONESは、最晩年のジャニーさんに避けられていたと『少年倶楽部』(NHK)で告白している。「ジャニーさんに『YOUたち怖いよ。』と言われ、スタッフさんにも『SixTONES全員でジャニーさんのところにいくな』って言われて……」と苦笑いしていた。もちろんネタとしてのエピソードトークだ。しかし、彼らは滝沢秀明の猛プッシュを受け、デビューを飾った言わば「滝沢派」と見るファンも多い。知人の広告代理店社員もこんなことを漏らしていた。

「SixTONES、Snow ManがジャニーズJr.にずっと在籍してると、上が詰まり後輩たちが活躍できない。だから事務所は彼らをデビューという形でJr.から卒業させたなんて噂も」(広告代理店社員)

「滝沢派」のスノストと、「旧ジャニー派」のジャニーズJr.。事務所としては配信で両者が共演すれば盛り上がると考えたのだろう。しかしスノストファンとJr.ファンがネット上で言い争いになる、残念な結果になってしまったようだ。

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

ジャニーズJr.の現場に通う兼業ライター。帝国劇場にある猪熊弦一郎のステンドグラスを愛している。

最終更新:2020/08/27 18:15
12

“タッキー派”と“旧ジャニー派”にファンが分裂! Snow ManとSixTONES登場でジャニーズ配信ライブが大荒れのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真