日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > クールキャラは限界 織田裕二

クールな役柄はもう限界!? 織田裕二『SUITS』大爆死で『踊る大捜査線』復活を画策か

文=日刊サイゾー

織田裕二公式サイトより

 この低迷ぶりは、新型コロナの影響だけではなさそうだ。

 8月24日放送の織田裕二主演のフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ2』第7話の平均視聴率が7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前回の8.5%から1.4ポイントのダウンとなった。

 同作は、2018年10月期に放送された前作の続編で、織田演じる敏腕弁護士とHey!Say!JUMP・中島裕翔演じる経歴詐称の天才ニセ弁護士がバディを組むリーガルドラマ。初回こそ2ケタ視聴率だったものの、新型コロナウイルスの影響で第3話の放送がストップ。3カ月のインターバルを経て、放送が再開されている。

「前作は全話平均視聴率10.8%でしたが、数字を見る限り、今回は完全に飽きられた格好です。無論、視聴率だけでは測りかねるところはありますが、要因の1つとして囁かれているのが、織田の“クールキャラ限界説”。織田は『踊る大捜査線』『東京ラブストーリー』『お金がない!』(いずれもフジテレビ系)など、明るくて真っすぐ、コミカルな役を演じた際には、数字でも結果を出していることが多い。しかし11年の『外交官 黒田康作』(フジテレビ系)から、“クールキャラ”を意識するようになり、『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)、『野崎修平シリーズ』(WOWOW)では、シリアスな演技で勝負するも撃沈しています」(テレビ誌ライター)

 かつては「高視聴率男」と呼ばれた織田だけに、このまま終わるわけにもいかないはず。実際、業界内では、あの代表作の復活が噂されはじめているという。

「織田が『踊る大捜査線』の続編にGOサインを出したという話が飛び交っています。『踊る』は劇場版が興行収入100億円超となるなど、文字通り織田の代表作。しかし、主要キャストの柳葉敏郎との不仲で、続編が絶望的とされてきました。2人の関係が悪化したのは織田が柳葉の演技にダメ出ししたこと。修復は不可能と思われていましたが、時間がたったことで、柳葉は『織田が頭を下げてくれれば出演する』と内諾しているといいます」(テレビ関係者)

 織田もこれ以上、商品価値を下げるわけにはいかないだけに、大きな決断があってもおかしくはなさそうだが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/29 10:44

クールな役柄はもう限界!? 織田裕二『SUITS』大爆死で『踊る大捜査線』復活を画策かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真