日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ朝・三谷アナが企画を放棄?

テレビ朝日・三谷紬アナがダイエット企画を放棄⁉ モチベーションを下げた「禁断ワード」とは?

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 テレビ朝日のYouTube公式チャンネル『動画、はじめてみました』でのダイエット企画が話題の三谷紬アナ。しかし最近、どうも彼女のモチベーションが大幅に下がってしまっているようだ。

 9月2日にアップされた最新動画では、ダイエット160日目にしてやる気を失ってしまっている心境を明かしているのだが……。

「三谷アナはお盆の間は何もせずに、食事も普通に摂っていたことを告白。その際、食べてしまった『罪悪感』を感じるのがストレスになっているようです。さらに、それ以上に彼女を悩ませているのが自身のインスタグラムのコメント欄に書き込まれる『痩せました?』のフレーズ。彼女は律儀に『まだまだです』と返信しているものの、内心は“大きなお世話”と不快に感じているようで、コメント欄の閉鎖まで考えたそう。そのため、痩せたかどうかはYouTubeを見て確認して欲しいと強く訴えていました」(芸能ライター)

 彼女のモチベーションを上げようとディレクターが「筋トレアプリ」を紹介。イケメンキャラがドSなフレーズで筋トレを応援するのですが、三谷アナは「めっちゃうざい」「ムカつく」とカリカリしっぱなしで、まったくハマらなかったようだ。

 テレ朝のYouTube動画については、8月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、同局の弘中綾香アナが「女子アナのする仕事じゃない」と激怒していたことが報じられている。

「三谷アナのダイエット動画では、彼女の親しみやすい素顔のみならず、推定Fカップとも言われるバストの爆揺れや、谷間も拝めるとあって、弘中アナの動画以上に人気を集めています。弘中アナはセクハラまがいの演出があることに立腹しているとあって、艶シーンの多い三谷アナのダイエット企画が終了してしまうのではないかとファンも心配していました。ともあれ、次回の予告では新エクササイズに取り組み始めているシーンが流れたため、モチベーションを取り戻し、企画も継続するようです」(前出・芸能ライター)

 これからも三谷アナの爆揺れバストを堪能したいのなら、くれぐれも「痩せました?」は禁句だと肝に銘じよう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/07 00:00

テレビ朝日・三谷紬アナがダイエット企画を放棄⁉ モチベーションを下げた「禁断ワード」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真