日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 女子アナのセクシー投稿が実用的

フェラ顔にHカップ激揺れも!? 女子アナたちの「セクシー投稿」が実用レベルのお値打ち

文=日刊サイゾー

大橋未歩

 テレビでは絶対に見せない破廉恥な姿もネットだったらOKとばかり、女子アナたちがエロ投稿に精を出している。

 女子アナファンをフル勃起させたのは、テレビ朝日の山本雪乃アナ。6月4日に同局のYouTubeチャンネルに登場すると、胸元をチラチラと見せながら「フェラ顔」を確信犯的に披露した。

「山本アナは、『女子アナは太巻き何cmまで一口でいける!?』というタイトルの動画をアップ。4cmから始まり、最終的には8cmまででしたが、自分で作った太巻きを口にして、『結構おっきい!』『めちゃくちゃ太い』『口に入るかな…』などといった聞きようによっては卑猥なセリフを発していました。太巻きがなぜか反り返っていたことから、山本アナも視聴者がフェラ顔を妄想するとわかっていたのは間違いありません」(テレビ誌ライター)

 一方、テレビ東京を退社しフリーアナとなった鷲見玲奈は、6日までに更新したインスタグラムで筋トレの様子を公開した。

「半年ぶりのトレーニングだという鷲見は、トレーナーの指導を受けながら鏡の前で筋トレする動画をアップ。その際、腰を反り気味にお尻をクイッと突き出していたため、『目のやり場に困りすぎる』『プリッとしたキレイなお尻です』といったコメントが飛び交いました」(芸能ライター)

 テレビ朝日の三谷紬アナもYouTubeでダイエット企画に挑戦中。

「定期的にアップしているエクササイズ動画では、推定Hカップのバストを縦横無尽に激揺れさせています。さらに、ハアハアと荒い吐息も漏れ、さながら情事の後の雰囲気。そんな妄想に耽っていたネットユーザーが続出しています。ほかにもフリーアナの大橋未歩は、風呂上がりのスッピンショットをインスタグラムで公開。お泊りした恋人でしか見られない貴重なカットに、こちらも欲情したファンが大勢いたようです」(前出・芸能ライター)

 コロナ禍による自粛生活で女子アナたちも承認欲求が高まっているのかもしれない?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/09 18:00

フェラ顔にHカップ激揺れも!? 女子アナたちの「セクシー投稿」が実用レベルのお値打ちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真