日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 山下智久の淫行で各界に迷惑が拡散中

山下智久の “淫行”で迷惑が拡散中 ジャニーズの文春締め付けが再び悪化!

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

ジャニーズの文春締め付けが再び悪化!  淫行ジャニタレ山下智久の迷惑が拡散中 の画像1
山下智久。

 8月7日に報じられた「未成年の女性モデルとの飲酒・ホテルお持ち帰り」によって同月17日に芸能活動の自粛を発表した山下智久。だが「仕事がほとんど決まっていなくてラッキーだったのでは」という声もメディアから上がっていた。

 しかし、実際には”迷惑”の範囲は広範囲に渡っているようだ。第一報を報じた『文春オンライン』を運営する株式会社文藝春秋とジャニーズ事務所の関係性にまで、問題は波及する。そしてこれが、エンタメ界に少なくない影響を与えるのだ。

「例えば、文春が原作の映画などに強い影響が出るんですよ。『週刊文春』は芸能スキャンダルを飛ばしまくりますが、芥川賞と直木賞を主催しているだけあって書籍もつよく、原作が映像化するケースも多い。通常は原作があれば製作委員会にも入れるのですが……。ジャニーズタレントが主演となると、文春をはずせ、となる。なので、制作協力みたいな形にするなどして、映像の制作側はさまざまな調整が必要になってくるんです」(出版関係者)。

 SMAP解散後に低迷していた木村拓哉を二宮和也とタッグさせた「検察側の罪人」は文藝春秋から発刊されたもの。映画化の際には“新しいキムタク”をアピールする格好の場になったが、それでも製作委員会には入れなかったという。そして今回の件で再び、ジャニーズからは強い圧力が、出版関係者にも出ているようだ。

「原作側がキャスティングに口を出せるケースはほぼないですが、これまでは、『この作品の世界観で、なぜ主人公がジャニタレ?』という不満の声が上がっても、飲み込んでこざるを得なかった作家や編集者もいます。それでもジャニタレの影響力が限定的になっていることもあり、人気作品ならばもう、ジャニーズのタレントはキャスティングから外してほしいという声も上がっています」(前出の出版関係者)

 遊び人のジャニーズメンバーたちは、本人のあずかり知らぬところまで、仕事に強い影響がでていることを知るべしだろう。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2020/09/10 21:00

ジャニーズの文春締め付けが再び悪化! “淫行ジャニタレ”山下智久の迷惑が拡散中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真