日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SixTONESの「暗号商法」が話題

SixTONESの「暗号商法」にファンがハマりまくり!? インスタの文字に隠された意味とは?

文=日刊サイゾー

SixTONES

 ファンの心をルックスやパフォーマンス以外でもわし掴みにしているようだ。

 9月10日、ジャニーズグループのSixTONESが、公式インスタグラムに投稿した謎の画像と文言を残していることが話題を呼んでいる。

 記念すべき100投稿目にアップされたのは、黒地に白文字で「WE ARE N -SixTONES-」と描かれた画像と「WE ARE Navigators -SixTONES-」の文字……。女性誌ライターが言う。

「『NAVIGATOR』は7月22日に発売されたSixTONESの2ndシングルのため、『WE ARE N』の『N』もNavigatorのNかと思われました。しかし、実はアルファベットを並び替えると『NEW ERA(新時代)』となるため、ネット上ではファンが『気付いた時はちょっと鳥肌たった』『つまり新しい時代を切り開くNAVIGATOR(航海士)ってこと?』『つまりストリーミング配信公開するぞ~かな?』と大興奮。予想を楽しむ声であふれかえっています」

 SixTONESといえば、過去にも「暗号」が話題になっている。

「昨年10月から12月にかけて行った全国19カ所を巡るホールツアー『Rough ”xxxxxx”』では、小さなボールをキャンディーのように包装紙に包んでプレゼントするファンサービスがありました。その包み紙に『4318505883』という意味深な番号が記載されていた。この数字を検索してみると、オランダの50ギルダー紙幣の画像が出てきたことから、海外ツアーを予想する声が飛び交いました。

 また、2ndシングル発売に向けてメンバーが毎日順番にインスタを投稿したのですが、そのインスタ画像にも謎の数字と英語が載っていた。英語のほうはアナグラムの可能性が高く、文字を入れ替えるとSixTONESの曲が現れるのですが、数字のほうはいまだに謎となっています」(芸能ライター)

 “謎の暗号”で注目を浴びる戦略は見事だが、正解発表がなければファンは悶々とさせられっぱなしだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/14 07:00

SixTONESの「暗号商法」にファンがハマりまくり!? インスタの文字に隠された意味とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真