日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 加速する女性芸人の世代交代

世代交代が加速する女性芸人! “後輩から避けられる”森三中・大島と友近の立場は危うい?

文=日刊サイゾー

世代交代が加速する女性芸人! 後輩から避けられる森三中・大島と友近の立場は危うい?の画像1
友近

 3時のヒロインやぼる塾など、お笑い第7世代の女性芸人の活躍が目覚ましい昨今。さらには、YouTuber芸人として唯一無二の個性を発揮するフワちゃん、事務所に所属せず、会社員と芸人を兼業するラランドのサーヤなど、既存の枠組みを打ち壊す女性芸人も台頭している。

「かつてのような“外見イジり”や、“リアクション芸”に重心を置いた女性芸人像から脱却し、多様な笑いが求められるようになってきました。一方で、イジりを否定する流れがありつつも、ガンバレルーヤがそのカウンターとして機能し、出番を増やすなど、必ずしも画一的な流れになっていないのも面白いところ。女性芸人を取り巻く環境が、やっと成熟に向かっているようにも見えます」(構成作家)

 確実にアップデートするお笑い界において、旧世代の芸人にとっては、少々生きにくい状況もあるようだ。

「たとえば、森三中なんかは、間違いなく出番を減らしています。そもそも、これまで森三中が得意としてきた、体を張るような企画も減っているし、仮に体を張らせるにしても、若手のほうがフレッシュで面白い。

 あと今はやはり、“ガンバレルーヤとぼる塾”であったり、“ガンバレルーヤ・よしことラランド・サーヤ”であったり、若手同士の対立構造が面白いんですよね。そこに先輩芸人が入ってくると、軸がブレるし、若手も自由に動けなくなる。そういう意味で使いにくくなっているのは事実です」(同)

 さらに森三中の場合、後輩芸人からあまり良く思われていないという決定的な事情もあるようだ。

「大島さんについての話なんですが、芸人仲間の間で少々敬遠されているようです。元々ちょっと陰湿な部分もあって、誰とでも仲良くするようなタイプではないうえに、あまり合わない後輩に対して、かなり冷たい態度を取ることもあるとか。しかも、各方面に影響力がある放送作家の鈴木おさむさんが夫ということで、大島さんには誰も何も言えなくなってしまう。そういったこともあって、大島さんを避けている芸人さんも少なくない」(お笑い事務所関係者)

 そして、森三中大島同様、あまり好かれていないというのが友近だ。

「友近さんは、ネタに対するこだわりが強すぎて、敬遠されていますね。平場で後輩がちょっとへんなイジりをしたら、不機嫌になってしまうことも珍しくない。どこに地雷が潜んでいるかわからないので、みんなビビっています。人知れず友近さんを共演NGにしている後輩芸人は結構いるようです。その逆もあって、友近さんのほうからNGにされている芸人も多いようですが」(同)

 勢いのある若手たちと、嫌われてしまう先輩たち。女性芸人の世代交代が加速しそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/26 18:00

世代交代が加速する女性芸人! “後輩から避けられる”森三中・大島と友近の立場は危うい?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真