日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 本仮屋リイナ復帰に大ブーイング

本仮屋リイナ、本格復帰に古巣の東海テレビから大ブーイングのワケ

文=日刊サイゾー

本仮屋リイナ(アミューズ公式プロフィールより)

 女優の本仮屋ユイカの実妹で、女子アナウンサーの本仮屋リイナが本格的に仕事復帰したことに古巣から大ブーイングが起こっている。

 本仮屋は青山学院大学卒業後、2013年に東海テレビにアナウンサーとして入社。初日から新たに立ち上がった情報番組『スイッチ!』のレギュラーにいきなり抜擢。その2か月後には単発の全国ネット番組にも出演を果たした。やがて16年5月に東京在住の一般人男性と結婚、直後には妊娠が判明し同年限りで退社。2児の母親だったが今年6月より大手芸能事務所・アミューズに所属した。

 最近では『有吉反省会』(日本テレビ系)などに出演、徐々に露出を増やしているが、古巣の関係者からは一斉にブーイングが上がっているというから、何とも穏やかではない。大手芸能プロ社員が耳打ちする。

「当時は局側も、人気女優の妹という看板を最大限に活用する起用が目立った。ベテランアナウンサーも一人前に育てようと必死に指導していたが、程となくして本人がネットニュースのインタビューで『将来は昼ドラに出てみたい』と発言。姉妹がそろって出演したロケでも“女優転身発言”をしたことで上層部が大激怒、当該部分がお蔵入りになった経緯もあった。ようやく独り立ちできるようになった3年のタイミングで辞める際のあいさつでも、『また、戻ってきますので!』と空気を読まずに発言したことで周囲は呆れかえったものでした。

そ れでも、たまに連絡をよこすなどフォローしていたらよかったのですが、側近の者でさえ音信不通状態。その中でコロナ禍でバタバタしていた6月に突然、本格復帰したわけです。今後、事務所が売り込んできてもプロデューサー以下、スタッフは微妙な反応になるでしょうね」と苦笑いだ。

 本人が意識していたかどうかはさておき、気づかぬうちに周囲は敵だらけとなってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/30 21:00

本仮屋リイナ、本格復帰に古巣の東海テレビから大ブーイングのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真