日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高知東生は薬物依存症を克服できるか?

高知東生、薬物依存症克服のカギを握る“サポート役”の存在はいるのか?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

高知東生、薬物依存症克服のカギを握るサポート役の存在はいるのか?の画像1
高知東生。

 2016年に覚醒剤取締法違反の罪などで有罪判決を受けていた俳優・高知東生が、9月30日、執行猶予期間が満了した。

 これに先立ち、高知は「支えてくださったすべての方々に御礼申し上げ、ご迷惑をおかけした方々には心よりおわび申し上げる」などと書面で心境を報告。すでに、薬物依存症を啓発するドラマに出演、YouTubeで配信されており、「僕の学び、経験を同じ依存症問題で苦しむ当事者、家族のためにささげたい」などと、今後の意気込みを綴った。

 今年3月には、清原和博氏らとともに厚生労働省が主催した啓発イベントにも参加するなど、徐々に表舞台への復帰準備をしていたが、芸能関係者は「薬物からの社会復帰にYouTubeを活用して役者業として動き出すのはこれまでもあったこと。ただ、高知はこのレベルで満足できるのかは非常に心配」と危惧する。

 1999年のNHK大河ドラマ『元禄繚乱』をはじめ数々のドラマ、映画に多数出演。俳優としてのキャリアもかなり積んできた高知。

「以前よりも、YouTubeといったメディアで活動の場が増えたのは良いことではあるが、依存症を克服するにはそばにいて、仕事を支援してくれる人がいるかがやはりカギになる。清原氏の場合は、とんねるずの石橋貴明をはじめ、球界OBのユーチューバーが各番組に出演依頼をして共演し、サポートしていますから」(同)

 俳優として評価されてきた高知だが、これからの活躍に期待したい。

最終更新:2020/10/01 23:00

高知東生、薬物依存症克服のカギを握る“サポート役”の存在はいるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真