日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 伯山、鈴木奈々の黒歴史をいじる

講談師・神田伯山、プロ野球始球式で鈴木奈々の「黒歴史」ほじくり返しに喝采

文=日刊サイゾー

鈴木奈々

 人気講談師の神田伯山が先日、甲子園球場でのプロ野球・阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ戦で人生初の始球式に挑戦したが、その後の取材対応で“爆弾”をしっかり投げつけていた。

 大観衆のなかでの登板に「不思議と緊張しなかった」と感想を語っていた伯山は、元巨人のエース・上原浩治氏にリモートで投球指導を教わり、バッティングセンターで猛練習をしたという。そんなかいもあり見事、ストライクを投じたがその後はしっかりお騒がせネタを落としていた。

 着用したユニホームの背番号について「6代目なんで“6”にしたが、本当は伯山で893になる予定だったのにヤクザに見えるので6になった」とニヤリ。ちなみに、この部分は主催球団が「当該コメントのカット」を裏で要請したが、ネットニュースではスポーツ紙のうち1社が一部を伏せ字、別の1社はこの部分を全く触れずに書いたほかの3社はしっかり「ヤクザ」の文字が躍った。

 また、過去の有名人の始球式を振り返ると「鈴木奈々さんの件があるので、早く投げないといけないっていうプレッシャーはありました」とコメント。

 以前、タレントの鈴木奈々が楽天生命パークでの試合で始球式に登板、その時に投球動作を何度も繰り返し試合を遅延させたとして各方面から大バッシングを食らったことを蒸し返したのだ。

 お笑い関係者は「さすがですね、としかいいようがない。久々にヤクザのフレーズも聞きましたし、鈴木奈々の黒歴史もぶっこんだ。しっかり爪痕を残されたのは素晴らしい」と称賛する。

 もっとも、鈴木は9月6日に地元の茨城県、ひたちなか市民球場で行われたBCリーグの茨城対神奈川戦での始球式に再挑戦。この日はさっさと投球を済ませてしっかり盛り上げ役を務め改心したようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/01 12:00

講談師・神田伯山、プロ野球始球式で鈴木奈々の「黒歴史」ほじくり返しに喝采のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真