日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 元NGT48・山口真帆“女優業継続”は険しい?

元NGT48・山口真帆9カ月ぶりにドラマ出演も…“女優業継続”は険しく事務所の方針に疑問

文=田中七男

元NGT48・山口真帆9カ月ぶりにドラマ出演も…女優業継続は険しく事務所の方針に疑問の画像1
山口真帆。

 元NGT48の山口真帆が9月29日放送の連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班』(福士蒼汰主演、フジテレビ系)第2話にゲストとして登場したが、その厳しい演技力には“女優業継続”に疑問符が付く格好となった。

 同話では、女子大生が相次いで自殺。全員が同じグルメサークルに所属していたことがわかり、主人公の黒沢兵悟(福士)が学生に扮して構内を偵察していると、グルメサークルに興味があるという、山口演じる井川エリが声をかけ、いっしょにサークルの会合に参加するという展開だった。

「山口は舌足らずで滑舌が悪いので、よほどトレーニングしないと、セリフのある役者をやっていくのは難しいのでは。前回のドラマ出演時と比べて、演技力がついてきたた感じはしませんでした。ネット上でも話題になっていますが、今のところ“大根役者”と言われても致し方ない状態です」(テレビ誌記者)

 山口は2019年5月にNGT48を脱退し、同月より大手芸能事務所研音に所属し、女優としてやっていくことを表明。今年1月12日にオンエアされた連ドラ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)で初回に出演し、女優デビューを果たした。しかしその後、役者としてはなかなかオファーがなく、9月に上演された『浪漫舞台「走れメロス」~文豪たちの青春~』に出演しただけ。

『DIVER』への出演は、話題性やネームバリューが評価されたからというより、同じ事務所の福士のバーターという印象が強い。また、視聴率は初回(9月22日)の9.6%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)から、第2話で6.1%と急降下しており、“山口投入効果”があったとはいいがたい状態だろう。

 山口が出ることで、よほどSNSで反響がでるとか、ソフトが売れるとかでないと、現状の演技力では、いくら大手事務所のタレントとはいえ、どこのテレビ局も起用には慎重にならざるを得ないだろう。

 研音に所属後、山口は写真集やデジタル写真集を出してきたが、女優業に特定しないでバラエティ番組への出演などを含めマルチな活動をしていきながら、地道に演技力を磨いていったほうが彼女にとっては無難なのかもしれない。事務所の方針もあるだろうが、女優専門で売っていくとすれば、現状ではいばらの道が待ち受けているような気がするが・・・・・・。

最終更新:2020/10/05 21:11

元NGT48・山口真帆9カ月ぶりにドラマ出演も…“女優業継続”は険しく事務所の方針に疑問のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真