日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 山口真帆、目指すは木村多江!?

元NGT48山口真帆がついに女優デビュー、“不幸顔”のイメージで目指すはポスト木村多江⁉

文=日刊サイゾー

山口真帆

 元NGT48の山口真帆が、清野菜名と横浜流星がダブル主演するドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)で女優デビューを果たした。

 同作は、パワハラや組織の不正などうやむやに終わったグレーな問題に白黒つける「パンダ&飼育員」コンビの活躍を描く。

「第1話にゲスト出演した山口が演じたのは、整形して綺麗になるが、勤務先の会社でそれを良く思わない人物に執拗なパワハラを受けて苦しむIT会社勤務のOL。本人は『難しい役どころでしたが、自分だったらどうしたか』『自分も演じた女性のように強く生きることへ憧れる部分もあった』と、自分に置き換えて演じたそうです」(テレビ誌ライター)

 そんな山口といえば、2018年12月に自宅マンションの自室前でファンの男性に暴行された件をきっかけに、19年5月にNGT48を卒業。 騒動の中では、グループ内でいじめを受けていたとの報道もあり、今回の役どころを重ね合わせた人も多かったようで、ネット上では「サスペンスものならそういう役も必要だけどなんかカワイソウ」「役作りの必要なくてラッキー?」「事件の被害者にそういう役やらせるのか」といった声も多く聞かれた。

 そんな山口にドラマ関係者はこう助言する。

「彼女はあの事件がなくても元から不幸顔ですから、20代版・木村多江を目指せば需要があるように思います。木村は『日本一不幸役が似合う女優』と称され、薄幸女優として唯一無二の存在となりました。昨年話題となったドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で主婦を演じた際には、『木村が演じているのだから、何かあるはず』と、視聴者もネガティブな展開を期待していたほどです。山口はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への出演も噂されていますが、個人的には不幸キャラの細川ガラシャ役がピッタリなように思います」

 世間のイメージを利用し、飛躍につなげるのもアリかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/13 00:00

元NGT48山口真帆がついに女優デビュー、“不幸顔”のイメージで目指すはポスト木村多江⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真