日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > TBS“作品至上主義”のプライド

『半沢直樹』早期の続編は不可能か? スピンオフしか制作しないTBS“作品至上主義”のプライド

文=日刊サイゾー

『半沢直樹』早期の続編は不可能か? スピンオフしか制作しないTBS作品至上主義のプライドの画像1
番組公式サイトより

 高視聴率のうちに幕を閉じたTBS系ドラマ『半沢直樹』。早くもスピンオフドラマ制作の噂が浮上している。

「先日上演したスピンオフ朗読劇が好評だったようなので、ドラマでもできないかという話があがっているようですね。具体的にはまったく動き出していないようですが、“ドル箱企画”であるということで、TBS局内では何らかの形での続編を模索する声も上がっているとのこと。スピンオフを拡大していったフジテレビの『踊る大捜査線』シリーズのようにしたい思惑があるのかも。ただ、実現するにはちょっと時間がかかりそうですけどね……」(ドラマ関係者)

 実は、TBSのドラマは、続編が制作されにくいという。

「フジテレビやテレビ朝日なんかは、最初から映画化や続編を視野に入れて、ドラマの企画を進めることも少なくない。そのせいもあってか、キャストのスケジュールも長めに仮押さえすることもあるようです。でも、TBSの場合は“続編ありき”で企画を立ち上げることはほとんどないので、キャストのスケジュールを押さえることができず、続編が作れないんです」(同)

 2016年に放送され大ヒットとなった『逃げるは恥だが役に立つ』は、放送終了直後から続編制作の噂があった。しかし、いまだにシーズン2が制作されることはなく、来年正月にやっとのことでスペシャルドラマが放送されるという展開だ。

「『逃げ恥』も結局キャストのスケジュールを押さえられなかったのが、続編制作に至らなかった大きな理由だといわれています。『半沢直樹』についても同様です。しかも、堺雅人さんは『半沢直樹』が終わった後は、プライベートを充実させる期間に入るのではないかともっぱら。2人の子どももまだ小さいし、いわば長めの“育休”に入るのではないかと。『半沢直樹』の続編をやるにしても、堺雅人さんが出ないんだから、スピンオフにするしかないというのが現状です」(同)

 人気コンテンツであれば、複数メディアで展開し、一気に儲けてしまおうという考えになるのが常である。しかし、TBSはそれをしないのだ。

「かつて“ドラマのTBS”と呼ばれていたこともあり、やはりTBSは“作品至上主義”。安易な金儲けに走らないのは、そんなTBSの矜持なのでしょう」(テレビ局関係者)

 単純に商機を逸しているだけのようにも見えるが、そんな強いこだわりがあったからこそ、『半沢直樹』のヒットが生まれたとも考えることができる。ヘタに続編やスピンオフを乱発していたら、『半沢直樹』のシーズン2は大コケしていたかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/09 18:00

『半沢直樹』早期の続編は不可能か? スピンオフしか制作しないTBS“作品至上主義”のプライドのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真