日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室と氷室「花火イベント」が不評

安室奈美恵、氷室京介が開催する「花火イベント」のナゾ 活動休止アーティストを使ったボロい商売か?

文=日刊サイゾー

安室奈美恵、氷室京介が開催する「花火イベント」のナゾ 活動休止アーティストを使ったボロい商売か?の画像1
安室奈美恵(Getty Images)

 現在活動休止中の氷室京介が60歳になるのを記念して、誕生日である10月7日に、オンライン花火イベント『ONLINE HANABI LIVE “DISTANCE”』が開催された。

 氷室の過去のライブ映像と花火の映像を融合してネット配信するというこのイベント。10月13日発売の『週刊女性』は、このイベントに安室奈美恵の花火イベントの仕掛け人がかかわっていたと報じている。

「安室の花火イベントは2018年の引退以来毎年開催されていますが、音楽プロデューサーや日本テレビ社員、グッズ販売会社などがかかわっていて、氷室の花火イベントも同様だとのこと。『週刊女性』では、その日本テレビ社員が過去にセクハラ騒動を起こしていたことにも触れられています」(音楽事務所関係者)

 氷室京介と安室奈美恵、共通するのは、現在音楽活動を行っていないということと、熱狂的なファンが一定数いることだ。

「活動休止しているということで、安室や氷室のスタッフは食いっぱぐれ兼ねない状況。そこで、本人の稼働がなくても売り上げを出せるビジネスを模索しているのでしょう。そのなかで生まれたのが、ライブ映像と花火を融合するこのイベント。チケット収入はもちろん、グッズの販売もできるので、関係者としてはとてもありがたいものだと思います。しかも、今年はコロナ禍でオンライン開催となったため、結果的に必要経費も少なく済んだというメリットもあったはずです」(同)

 ほかのアーティストでも、同様のイベントが開催される可能性もありそうだ。

「現在活動休止中の西野カナや、なかなか本格的な活動ができないままのX JAPANあたりは熱いファンも多いし、グッズやチケットもそれなりに売れそう。近い将来、これらのアーティストの花火イベントが開催される可能性はあると思います」(同)

 しかし、本人が出るわけでもなく、古いライブ映像と花火を見せられるだけのイベントなど、ファンはうれしいのだろうか。

「残念ながら、ファンの反応はあまりよくありません。イベント用に作られるグッズも、決してクオリティーが高いものとは言えず、実際アーティスト本人がOKを出したかどうかも怪しい。むしろ金儲けに利用されているだけだという認識で反発するファンも少なくないです。このクオリティーでは、そう長く続くビジネスではないと思います」(レコード会社関係者)

 ネット上では、安室、氷室ときて、次は小室哲哉の花火イベントでも開かれるのではないか……などという声も聞こえてくる。果たして、アーティストの名前を利用したボロい商売は、どこまで続くのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/19 08:00

安室奈美恵、氷室京介が開催する「花火イベント」のナゾ 活動休止アーティストを使ったボロい商売か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

スマートニュースの「現地調査」

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真