日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 北村匠海、声の小ささ指摘で話題

北村匠海、『ホンマでっか!?TV』で声の小ささを指摘されるも「このままでもよくない?」の声

文=日刊サイゾー

フジテレビ公式サイトより

 10月21日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、映画のPRで主演の北村匠海と山本舞香が出演。きつい性格で知られる山本の突っ込みにも負けず、自分を曲げない北村を支持する声が番組終了後に多数上がった。

 17歳で初共演して以来、何度か一緒に仕事をしている二人だが、はっきりした性格の山本は、いつもぼそぼそと小声で話す北村の態度がまったく理解できない様子。「ちゃんとおもしろいことを言っているのに聞き取れない」「声が小さくて、やる気あんの」と厳しく突っ込むが、北村本人は「やる気あるよ」と苦笑いするばかりで、ほとんど言い返さない。その後も「いつも楽しそうだねって言うけど、カチンとくる」と言われたい放題だったが、認知神経学者の中野信子氏に「自信がある人は大きな声を出す必要がないとわかっている」と指摘されると、「確かにこのままでもいいと思っている」と素直な胸の内を吐露した。

 そんな北村だが、結成以来10年以上一緒にいるダンスロックバンド・DISH//のメンバーだけには心を許しているようで、「メンバーといるときだけはゲラゲラ笑っている」と明かす。「っていうことは山本さんには心を許してないんかい!?」と突っ込まれるものの「バンドのメンバーだけは特別なんですよ」と微笑みつつ、はっきりと答えていた。

 終始柔らかな受け答えを貫きつつも、メンバーへの想いをはっきりと口にした北村に「メンバーといる時はゲラゲラ笑うとか、DISH//は特別とか言ってる匠海が好きすぎる。そういうメンバーといる北村匠海が好きなんだよ!」「北村匠海くんの声が小さいって共感、怒らないのも共感。今日のホンマでっか面白かった~」「色々言われていたけど、結論は、北村匠海はこのままで良いってことよね! 私はそういうあなたを好きになったんですから」など、好感を持つ視聴者が続出。北村同様、あまり感情を表に出さない視聴者から共感の声も目立った。

「同番組では、仲良くなりたいけど傷つくのが怖くて最初から距離を置こうとする『ヤマアラシジレンマ』に陥っている若者が現代には多いと説明していました。怒りの感情の発散も大切なようですが、その方法がわからない若者は北村に共感したのかもしれませんね」(芸能ライター)

 あいみょん作詞作曲の『猫』が大ヒットし、人気が高まっている北村だが、バンド活動にドラマ・映画出演と多忙で、ストレスが溜まっているのは想像にかたくない。感情表現が苦手な北村にとって唯一心を許せるのは、今のところどうやらバンドメンバーだけのようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/23 06:00

北村匠海、『ホンマでっか!?TV』で声の小ささを指摘されるも「このままでもよくない?」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真