日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松岡茉優あざとい得意技が炸裂

佐藤健に続いて北村匠海にも! 松岡茉優、『カネ恋』であの“あざとい得意技”が炸裂

文=日刊サイゾー

松岡茉優

 松岡茉優主演のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が9月15日にスタート。7月に急逝した三浦春馬さんの遺作とあって、注目度も高く、初回の平均視聴率が11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 同ドラマは、松岡演じるシビアな金銭感覚を持つ九鬼玲子と、三浦さん演じるお金にルーズな御曹司・猿渡慶太との「じれキュン」ラブコメディー。その第1話では、松岡のバスト演技がネット上をザワつかせていたようだ。

「お金で苦労する会社の同僚の北村匠海が落ち込んでいるのを見て、松岡が元気づけるために朝食を誘うシーンがありました。その際、北村の横にいた松岡は彼の肩に手を置き、自分に引き寄せるように抱きしめたのです。この時、松岡の胸が北村の肩に当たっていたことから、北村ファンからは『ちょっと、何してくれてんの!』『は??よろしいならば戦争か』と怒りのコメントがSNSで飛び交いました。松岡は映画『万引き家族』で水着姿を披露した際、軟らかそうな推定Dカップの豊乳を披露していますから、北村はその感触をしっかり堪能していたでしょうね」(テレビ誌ライター)

 そんな松岡といえば、以前にも「胸当て」が話題になったものだった。

「昨年、映画『蜜蜂と遠雷』に主演した際、自身のインスタグラムで試写会に訪れた俳優の佐藤健とのツーショット写真を公開。その画像を見ると、松岡が佐藤の脇腹にバストを押し当てていたことから、ネット上では『あからさまに胸当ててる』と佐藤ファンから反感を買うことになりました」(芸能ライター)

 松岡といえば、バラエティー番組などで見せる素顔が“あざとい”と評されているが、胸当ては得意技なのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/18 06:15

佐藤健に続いて北村匠海にも! 松岡茉優、『カネ恋』であの“あざとい得意技”が炸裂のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真