日刊サイゾー トップ > 海外 > 芸能(トンデモ)  > ビビアン・スーP作品台湾映画賞

ビビアン・スー、共演者と父親の死を乗り越え…台湾最高権威の映画賞にノミネート

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

ビビアン・スー(左)

 長澤まさみ主演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(7月23日公開)は、最終興行収入が35億円を記録し、前作を大きく上回る結果となった。しかし、残念ながら公開直前に出演者だった三浦春馬が亡くなり、その後同じく出演者だった竹内結子も亡くなってしまった。

 同作で2人と共演していたビビアン・スー(45歳)は、自身のインスタグラムで「R.I.P…… #三浦春馬 #竹内結子」と追悼するコメントを発表している。こうした中、ビビアン・スーがプロデューサーを務め、自身も出演する台湾映画『孤味』(弱くて強い女たち)が大きな注目を集めている。

 台湾メディア三立新聞(10月31日付け)は、台湾版アカデミー賞と評され、最も権威ある映画賞である金馬奨に『孤味』が6部門でノミネートされることが決まったと報じた。本作でビビアン・スーは、3人姉妹の次女で整形外科医の役を演じている。また、父親の死に向き合う家族の姿が重要なストーリーの構成要素となっている。

 先日、今回の出演映画についてメディアのインタビューに答えたビビアンだったが、涙を浮かべながら「最近、死についてとても怖いと感じるようになりました。私には子どもがいますが、100歳まで生きてずっと子どものそばにいてあげたいと思います。でも、もし万が一自分が突然この世を去ることになってしまったらと考えたら、毎日をとても大切に過ごさなくてはいけないと思います」と、心境の変化を語った。

 作品内で父親を亡くす娘という役柄を演じているビビアンだが、実生活でも最近父親を亡くしたばかりだった。ビビアンの父親は、C型肝炎による肝硬変を患い、2009年には肝臓移植手術を受けるなど、長期間に渡り闘病していたが、2018年1月に64歳の若さで亡くなっている。

 家族や身近な共演者の死が続く中、制作され公開された今作品だが、先行上映された10月30日からの3日間で、興行収入が約1500万円を突破するなど、幸先の良い滑り出しとなっている。ビビアンにとっても特に思いの強い作品であることだろう。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2020/11/14 08:00

ビビアン・スー、共演者と父親の死を乗り越え…台湾最高権威の映画賞にノミネートのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真