日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > ビビアン・スーのお騒がせ過去

『コンフィデンスマンJP』で話題のビビアン・スー、日本での“色恋”お騒がせ過去

文=日刊サイゾー

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』より

 7月23日、長澤まさみ主演の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開を迎え、昨年公開された『ロマンス編』の29.7億円を上回る40億円突破が狙える好スタートを切った。

 そんななか、新キャストとして登場したビビアン・スーが話題を呼んでいるという。

「ビビアンといえば、90年代後半に、南原清隆、天野ひろゆきとのユニット『ブラックビスケッツ』で人気を博しました。その後、活動の場を台湾に移したことから姿を見る機会は少なくなりましたが、劇場で鑑賞した人たちは『45歳に見えない』『いい歳の取り方をしている』『相変わらずかわいい』など、その美貌が絶賛されています」(映画ライター)

 ビビアンといえば、『ブラビ』以外でも、日本ではお騒がせタレントとして、さまざまな話題を振りまいている。

「そもそもビビアンが来日したきっかけはヘアヌード写真集。1995年1月に台湾で出版した写真集『天使心』の日本版『Angel』。それを日本のアイドル雑誌が紹介したことで、日本デビュー。96年にも写真集『Venus』(ぶんか社)でヘアヌードを披露し、週刊誌がこぞって『お宝』として報じています。また、私生活では多くの熱愛報道が流れ、『ウリナリ』で共演した南原清隆との不倫が報じられたり、Gacktとの交際が騒がれたりもしました。これらは噂のレベルですが、唯一、ビビアンが交際を認めているのが、LUNASEAのギターSUGIZOとの関係。08年に台湾のテレビに出演した際には、『当時は彼と結婚したかった』と語り、番組でSUGIZOとタッグを組んだ楽曲のPVが流れると号泣していたこともありました」(芸能関係者)

 ともあれ、当時のファンは懐かしい気持ちと共にスクリーンにクギ付けになったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/27 10:01

『コンフィデンスマンJP』で話題のビビアン・スー、日本での“色恋”お騒がせ過去のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真