日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > コロナ禍で強さを見せるジャニーズ

SexyZone、ライブ延期の返金率はわずか10%! コロナ禍で強さを見せるジャニーズ

文=日刊サイゾー

SexyZone、ライブ延期の返金率はわずか10%! コロナ禍で強さを見せるジャニーズの画像1
TVer「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME Season3」より

 11月20日の深夜に放送された連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』では、SexyZoneにスポットをあて、その素顔に迫った。ジャニーズのアイドルを追うこのドキュメンタリーシリーズだが、最近のテーマはもっぱら“コロナ禍におけるエンターテインメントのあり方”だ。

 SexyZoneも例に漏れず、3月のスタートに向けて準備していたコンサートツアーは新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け延期を余儀なくされた。その4カ月後、10月からコンサートを再開させることを決定。

 その際、スタッフはSexyZoneのメンバーに向けて「払い戻し窓口を作ってジャニーズ事務所としても対応しました。9割のお客様がSexyZoneのコンサートを待ちたいという決断をされました」と明かしたのだった。つまり、返金対応は10%程度に抑えられたということだ。この放送を見ていたレコード会社関係者は語る。

「コロナ禍でつくづくジャニーズのファンの太さを感じるんですよね。今回の返金率の話もそうです。ジャニーズのファンは“ジャニオタ”と呼ばれるくらい熱狂的かつオタク気質な人が多い。オタクとはつまり、趣味への課金を惜しまない人たちということ。そういう人たちは、“延期”と発表しても気長に待ってくれるですよね。普通のアーティストだったらこうはいかない。実際、返金対応で完全に赤字になってしまっているところも結構あると思う。

 さらにオンラインライブについても、ジャニーズは強いと感じます。正直、ジャニーズのオンラインライブはかなり不親切で、アーカイブが残らないからチケットを購入したら指定された日時に見ないといけないんです。それでもファンは熱心に見ているし、儲けもかなり出ていると聞きました。

 僕が担当するアーティストも、オンラインライブはかろうじて黒字になっているが、徐々に視聴者数が落ちていっている。これは肌感覚でしかないですが、サブスクなどで人気のアーティストは、逆にオンラインライブの売り上げがあんまり良くなかったりするんじゃないかと思う。サブスクを解禁し、YouTubeでMVをタダで流しているアーティストには、オンラインライブのチケット代4000円~5000円はかなり高いハードルになっているのではないかと思う」

 CD販売にこだわり、YouTubeでのMV公開にも二の足を踏んでいるジャニーズだが、その“不親切さ”がファンの購買意欲を駆り立てる側面もあるのだろうか。それぞれ良し悪しはあるだろうが、コロナ禍においては“熱狂的なオタク”をつけていることが強みになるのは間違いなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/22 12:00

SexyZone、ライブ延期の返金率はわずか10%! コロナ禍で強さを見せるジャニーズのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真