日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 『ミスiD』のファイナリストがカオスすぎ!

講談社「ミスiD」のファイナリストがカオスすぎ!アイドルファンが無関心なワケとは?

文=日刊サイゾー

ミスID2021」ウェブサイトより

 アイドルファンは置いてけぼりとなっているようだが……。

講談社主催のオーディション「ミスiD 2021」のファイナリストが発表された。しかし、ネット上では「何がしたいのかわからない」「このオーディションの方向性がいまだにわからない」と、戸惑いの声も多く聞かれている。

「講談社は1982年からおよそ30年間、『ミスマガジン』を選出し、芸能界への登竜門として大きな注目を浴びてきました。しかし、12年で休止(18年に復活)になり、入れ替わりで13年から『ミスiD』が始まっています。15年までは『ミスiD(アイドル)』と表記されていたのですが16年以降、『iD』は“アイディー”という呼び方で統一され、『新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子を発掘し育てるオーディション』だと再定義されています」(エンタメ誌編集者)

 そのため、今年ファイナルに選出されたのも現役AV女優の石原希望、野々原なずな、人気グラドルの忍野さら、地下アイドル「仮面女子」元メンバーで渋谷区議の橋本ゆき氏のほか、ラッパー、デザイナー、美術家、映像作家、ユーチューバー、TikToker。システムエンジニア、保育士、歯科医師、食エッセイスト、陶芸家、雀士、ラグビー選手などで、年齢幅も過去最大の12歳から40歳で国籍やジェンダーも多様とまさにカオスだ。

 アイドル誌編集者も苦笑する。

「今回は2676人の応募がありましたが、ファイナリストだけでも193人もいます(笑)。しかも、けっこうな人数が、何らかの賞をもらえてしまう。過去のグランプリや準グランプリ受賞者を見ても、世間的に知られているのはモデルの玉城ティナとモテクリエイターでブレイクした菅本裕子くらい。グランプリは逃したものの稲村亜美も受賞していますけど、彼女たちは誰もそのことを売りにせずともブレイクしている。参加者たちが手っ取り早く“肩書”を得るためにはハードルが低くていいのかもしれませんが、『ミスマガジン』も復活していますし、アイドルファンやアイドル誌の編集者からはまったく興味を持たれていないのが現状です」

 ファイナリストには個性的な名前が満載。確かにアイデンティティは十分にそろっていそうだが……。受賞者たちの活躍で「ミスiD」の価値を、上げていくことができるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/25 22:00

講談社「ミスiD」のファイナリストがカオスすぎ!アイドルファンが無関心なワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真